京都に行ってきました⑮!

産念坂!
三年坂


二念坂①!
二年坂


二念坂②!
二年坂2


一念坂!
一年坂


八坂の塔!
八坂の塔


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト

京都に行ってきました⑭!

清水寺②!
本堂①!
清水寺8

本堂②!
清水寺9

本堂③!
清水寺7

阿弥陀堂!
清水寺6

子安塔!
清水寺10

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑬!

清水寺①!
清水寺の本堂には、日本漢字能力検定協会(京都市下京区)が「今年の漢字」として発表し、同寺の森清範貫主が特大和紙(縦1.5メートル、横1.3メートル)に揮毫(きごう)した「偽」が展示され、訪れた参拝者がさかんにカメラで撮影していました。
 「今年の漢字」は、その年の世相を表す漢字1字が公募され、応募数の最も多かった漢字が採用される方式。2007年は、相次いだ食品偽装や、偽装請負などから「偽」が1位に。

清水坂!
清水寺1


仁王門!
清水寺2


清水寺3


2007年今年の漢字①!
清水寺4


2007年今年の漢字②!
清水寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑫!

泉桶寺!
東山三十六峰の一嶺、月輪山の麓に静かにたたずむ泉涌寺。ひろく「御寺(みてら)」として親しまれている当寺は、天長年間に弘法大師がこの地に庵を結んだ事に由来する。法輪寺と名付けられた後、一時仙遊寺と改称されたが、順徳天皇の御 代(健保6年・1218)に当寺の開山と仰ぐ月輪大師が時の宋の法式を取り入れてこの地に大伽藍を営み、寺地の一角より清水が涌き出た事により寺号を泉涌寺と改 めた。この泉は今も枯れる事なく涌き続けている。

泉桶寺2


泉桶寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑪!

東福寺 (とうふくじ)③!

東福寺12


東福寺13


東福寺14


東福寺15


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑩!

東福寺 (とうふくじ)②!
東福寺6


東福寺7


東福寺8


東福寺9


東福寺10


東福寺11


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑨!

東福寺 (とうふくじ)①!
京都市東山区本町にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は聖一国師円爾(しょういちこくし・えんに)である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭(たっちゅう、山内寺院)を有する大寺院である。
境内には宋から伝わった「通天モミジ」と呼ばれる三葉楓(葉先が3つにわかれている)など楓の木が多い。もとは桜の木が植わっていたが「後世に遊興の場になる」という理由で伐採され、楓の木が植えられたものである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
東福寺3

東福寺2

東福寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑧!

清凉寺 (せいりょうじ)!
京都府京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院。山号を五台山(ごだいさん)と称する。嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。宗派は初め華厳宗、後に浄土宗となる。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は然(ちょうねん)、開山(初代住職)はその弟子の盛算(じょうさん)である。(Wikipediaから引用)

清凉寺1


清凉寺2


清凉寺3


清凉寺4


清凉寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑦!

祇王寺!
『平家物語』に登場する祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院。美しい青竹やカエデに覆われ、一面の苔に包まれた庭園と、わら葺の庵が趣深いたたずまい。またここには、祇王をはじめ母の刀自(とじ)、妹の祇女(ぎにょ)、仏御前、清盛の木像が安置されており、はるか昔の物語を彷彿とさせる雰囲気が漂う。

祇王寺1


祇王寺2


祇王寺3


祇王寺4


祇王寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑥!

二尊院!
釈迦如来と阿弥陀如来のふたつの仏像を本尊とするため二尊院と呼ばれる。

二尊院1


二尊院2


二尊院3


二尊院4


二尊院5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑤!

落柿舎!
落柿舎(らくししゃ)は、嵯峨野(京都府京都市右京区)にある松尾芭蕉の弟子、向井去来の草庵。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。 1691年に松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著したとされる。 現在の庵は俳人井上重厚による再建である

落柿舎1


落柿舎2


落柿舎3


落柿舎4


落柿舎5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました④!

常寂光寺!

常寂光寺1


常寂光寺2


常寂光寺3


常寂光寺4


常寂光寺5


応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Aki

Author:Aki
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

おきてがみ!


性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。 趣味は写真のほか、音楽(ジャズ) 、歌舞伎、旅行(海外・国内問わず) 、スポーツ(するのがゴルフ・水泳、見るのがサッカー・野球・大相撲)です。
Sex: Man
The metropolis and districts: Kawasaki-shi, Kanagawa
Self-introduction
With a digital single-lens reflex camera, I take a scenery photograph at will. A hobby is music (jazz), Kabuki, a trip (regardless of foreign countries, the country), sports other than a photograph (it golfs to do and swims, and looking soccer, baseball, the Grand Sumo Tournament).

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
コラブロ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

■ ブログ名:気まぐれPhoto Album

■ ブログ名:Release the shutter!