吾妻山(二宮町)①!

お天気に誘われて、吾妻山(二宮町)に行ってきました。菜の花と富士山、綺麗でした。
IMG_8769_edited-1.jpg

IMG_8770_edited-1.jpg

IMG_8771_edited-1.jpg

IMG_8772_edited-1.jpg

IMG_8773_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト

京都散策(23)!

龍安寺!
鏡容池!
境内の南側半分を占めるほどの巨大な池で、平安時代の頃は、貴族が舟を浮かべて遊んだといわれています。歴代の住職が植栽に励んだため、春の桜や秋のカエデが湖畔を彩り、夏には水面にピンクや黄色のスイレンが咲き、四季折々の風景を楽しむことができます。
IMG_6713ac_edited-1.jpg

IMG_6715fc_edited-1.jpg
分水石!
IMG_6717hc_edited-1.jpg
スイレンが池全体をおおっています。
IMG_6720jc_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策(22)!

龍安寺!
床の間!
IMG_6707cc_edited-1.jpg
西源院の庭園!
座敷からの庭園!
IMG_6708ac_edited-1.jpg

IMG_6708c_edited-1.jpg
日本庭園!
IMG_6709c_edited-1.jpg

IMG_6710c_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策(21)!

龍安寺!
西源院・・・龍安寺の塔頭、西源院が営む湯豆腐の店である。
こちらの湯豆腐は「七草湯豆腐)といい、白菜・水菜・人参・生麩・飾り麩・椎茸という7種類の食材が使われている。湯豆腐とご飯・精進料理のついたセットをいただきました。手入れの行き届いた庭を愛でながら、ゆったりと豆腐を味わうことができました。もちろん、おいしかったですよ。
IMG_6695_edited-1.jpg
手入れの行き届いた庭!
IMG_6697_edited-1.jpg
精進料理!
IMG_6700a_edited-1.jpg
湯豆腐!
IMG_6702_edited-1.jpg
お座敷!
IMG_6705_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑳!

龍安寺!
方丈の庭園!
IMG_6681_edited-1.jpg
知足の蹲踞(つくばい)!
真ん中を「口」と見て、「吾唯知足」という4つの漢字を表します。「ワレ、タダ タルヲシル」水戸の黄門さま、徳川光圀の寄進とされています。
IMG_6685_edited-1.jpg
方丈の東側にある「侘助椿」!
その名は桃山時代の秀吉による朝鮮出兵の際に、「侘助」という人が朝鮮から持ち帰ったことから名付けられたと、秀吉や千利休が好んだことから、侘助椿は全国に広まります。この龍安寺の侘助椿は、秀吉にも賞賛されと伝えられており、日本最古とも言われています。
IMG_6687_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑲!

龍安寺!
方丈の間(左側)!
IMG_6676a_edited-1.jpg
方丈の間(真ん中)!
IMG_6677a_edited-1.jpg
方丈の間(右側)!
IMG_6678_edited-1.jpg

IMG_6680a_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑱!

龍安寺②!
いつもすごい人です!
IMG_6671_edited-1.jpg
世界遺産にも指定されている京都の龍安寺の石庭は、15個の石があります。この15個の石は、「どこから眺めても必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されている」とのことです。本当でしょうか、確かめに龍安寺を訪れましょう?
IMG_6673_edited-1.jpg

IMG_6675_edited-1.jpg

IMG_6675a_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑰!

龍安寺!
龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。石庭で知られる。山号を大雲山と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は、禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺である。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き、自分の師の日峰宗舜を開山に立てている。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路の辺りまでが境内であったという(Wikipediaより)
三門!
IMG_6654a_edited-1.jpg
鏡容池!
IMG_6656_edited-1.jpg
庫裡です!
庫裡から方丈へとつながっています。
庫裡:寺の台所、転じて住職や家族の居間。
方丈:禅宗などの寺院建築で、長老・住持の居所で、本堂・客殿も兼ねる。
IMG_6666_edited-1.jpg
庫裡を入ると真正面に・・・!
寺西乾山(明治の漢学者)筆の陶淵明の漢詩「飲酒」です。
IMG_6666a_edited-1.jpg

IMG_6667_edited-1.jpg

IMG_6670_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

めじろ!

めじろ!
お正月から、ミカンをベランダに置いていました。なかなか来なかったのですが、雪のおかげでミカンを食しに来てくれました(笑)
azumayama1
azumayama6
IMG_8746_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

初雪!

夜半から降り始めた雨が朝になって、みぞれに変わり、そして、雪に変わり、積もっています。いわゆる「爆弾低気圧」の影響で太平洋側を中心に各地で雪と強い風に見舞われ、大荒れの祝日となっています。
IMG_8603_edited-1.jpg

IMG_8605_edited-1.jpg

IMG_8606_edited-1.jpg

IMG_8611_edited-1.jpg

IMG_8612_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑯!

神護寺②!
明王堂!
IMG_6640_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_6639_edited-1.jpg
金堂!
IMG_6641_edited-1.jpg
毘沙門堂と五大堂!
IMG_6642_edited-1.jpg
大師堂(重要文化財)!
IMG_6643_edited-1.jpg
毘沙門堂!
IMG_6644_edited-1.jpg
五大堂!
IMG_6645_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑮!

神護寺②!
三門!
IMG_6633_edited-1.jpg
山門をくぐると広い境内!
IMG_6634_edited-1.jpg
書院と宝蔵!
IMG_6636_edited-1.jpg
書院!
IMG_6637_edited-1.jpg
和気清麻呂廟!
朱塗りの塀と建物、まるで神社のような建物は、この神護寺の創始者である和気清麻呂の廟所です。
IMG_6638_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑭!

神護寺!
京都市街の北西、愛宕山(924メートル)山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院で、紅葉の名所として知られる。清滝川に架かる高雄橋から長い参道を歩いた先の山中に金堂、多宝塔、大師堂などの堂宇が建つ。神護寺は空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺であり、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院である。
寺号は詳しくは「神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)」と称する。寺の根本史料である「神護寺略記」や国宝の「文覚上人四十五箇条起請文」などにももっぱら「神護寺」とあり、寺の入口の楼門に架かる板札にも「神護寺」とあることなどから、本項でも「神護寺」の表記を用いる(ウイキペディアより)
参道入り口!
いやぁ~きつい坂の始まりです。
IMG_6618_edited-1.jpg
こんな登り坂です!
IMG_6621_edited-1.jpg
途中の茶店!
IMG_6623_edited-1.jpg
途中の茶店!
IMG_6625_edited-1.jpg
硯石!
山門に続く石段を上って行くと、途中、弘法大師が墨を摺ったと言われる「硯石」があります。
左側の立札には、「空海弘法大師が神護寺に在山の時、勅願の依頼を受けられたが、五月雨で橋が流されたため、この石を硯として対岸に立てかけた額に向けて筆を投げられたところ、見事に『金剛定寺』の四文字をかかれたという。ただしこの寺は現存していない」と書かれていました。
嵯峨天皇・橘逸勢と共に、三筆と呼ばれる弘法大師、こんな伝説もあるようです。
IMG_6651_edited-1.jpg
三門がようやく見えてきました、それにしてもすごい坂です!
IMG_6630_edited-1.jpg
三門!
IMG_6632_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑬!

西明寺から神護寺!
指月橋!
IMG_6605_edited-1.jpg
清滝川の清流!
IMG_6607_edited-1.jpg

IMG_6609_edited-1.jpg

IMG_6611_edited-1.jpg
高雄橋!
高雄橋を渡ると神護寺への参道へと続く・・・!
IMG_6614_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑫!

西明寺!
鐘楼!
IMG_6596_edited-1.jpg
境内風景!
IMG_6597a_edited-1.jpg
境内風景!
IMG_6598a_edited-1.jpg
境内風景!
IMG_6599_edited-1.jpg
紅葉が少し始まっています!
IMG_6603_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

21013年1月2日の朝!

東側!
新宿方面!
tyoujyuji3
スカイツリー方面!
IMG_7929_edited-1.jpg
六本木ヒルズ&東京タワー方面!
tyoujyuji4
東側!
富士山!
IMG_7922a.jpg
南側!
IMG_7950a.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

謹賀新年!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
IMG_7919_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Aki

Author:Aki
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

おきてがみ!


性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。 趣味は写真のほか、音楽(ジャズ) 、歌舞伎、旅行(海外・国内問わず) 、スポーツ(するのがゴルフ・水泳、見るのがサッカー・野球・大相撲)です。
Sex: Man
The metropolis and districts: Kawasaki-shi, Kanagawa
Self-introduction
With a digital single-lens reflex camera, I take a scenery photograph at will. A hobby is music (jazz), Kabuki, a trip (regardless of foreign countries, the country), sports other than a photograph (it golfs to do and swims, and looking soccer, baseball, the Grand Sumo Tournament).

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
コラブロ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

■ ブログ名:気まぐれPhoto Album

■ ブログ名:Release the shutter!