fc2ブログ

満開の梅を求めて・・・⑮!

報国寺①!
美しい竹の庭で知られる足利家ゆかりの古刹!
1334年創建の臨済宗建長寺派の寺。天岸慧広(てんがんえこう)が開山、開基は足利尊氏の祖父である足利家時。上杉重兼が開基という説もある。かつては足利、上杉両氏の菩提寺として栄えたと伝わる(鎌倉ツリープより
三門!
IMG_9432_edited-1.jpg
参道の庭園!
IMG_9433_edited-1.jpg
参道の梅も満開です!
IMG_9434_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_9435_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9436_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



満開の梅を求めて・・・⑭!

浄妙寺②!
喜泉庵!
本堂の左側に進むと立派な庭園と茶室が見えてきます。杉苔を主とした枯山水は華美すぎず手入れの行き届いた空間で、足利氏の紋が入ったらくがんとお抹茶をいただけます。 天正年間(1573年~1592年)に建てられた茶室で、現在の茶室は平成3年に復興したものです。
IMG_9410_edited-1.jpg
枯山水の庭園!
IMG_9412_edited-1.jpg

IMG_9413_edited-1.jpg
境内の梅!
IMG_9414_edited-1.jpg
紅梅!
IMG_9416_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑬!

浄妙寺①!
鎌倉五山のひとつ。枯山水の庭園を眺めながらお茶を喫することも・・・!
鎌倉五山第五位の古刹。臨済宗建長寺派。1188年、足利義兼(よしかね)創建。開山は退耕行勇(たいこうぎょうゆう)。当初は密教系で極楽寺としていたが、1257-59年頃改宗し浄妙寺となる。中興開基は足利貞氏(尊氏の父)。天正年間(1500年代)僧が茶を喫した喜泉庵という茶堂があり、平成3年に復興され現在は一般参拝者もお抹茶を楽しむことができる。境内は国指定史跡。山門脇を右に進むと鎌倉の地名の由来となった鎌足稲荷神社がある(鎌倉ツリープより)
三門!
IMG_9394_edited-1.jpg
石畳の参道の両枠に紅梅と白梅が咲き誇っています!
IMG_9395_edited-1.jpg

IMG_9396_edited-1.jpg

IMG_9401_edited-1.jpg
銅板葺の本堂!
IMG_9402_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑫!

杉本寺③!
本堂前より階段下方面!
IMG_9376_edited-1.jpg
本堂!
本堂はあがることができ、仏様を間近に拝むことができます。
IMG_9377_edited-1.jpg
本堂!
堂内には、中央に本尊お前立の十一面観音、右手には、毘沙門天、不動明王、観世音菩薩三十三応現身、左手には、新、十一面観音と地蔵菩薩二体、一番左にはおびんずる様など多数の仏様があります。
IMG_9378_edited-1.jpg
本堂!
五輪塔などの石 塔や石仏からの本堂。
IMG_9378a_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_9379_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑪!

杉本寺②!
三門より山門下を望む!
IMG_9358_edited-1.jpg
三門より山門上の石段(立ち入り禁止です!)
左側の石段より本堂に上がります。
IMG_9359_edited-1.jpg
苔むした石段です!
IMG_9361_edited-1.jpg
う回路から・・・!
IMG_9366_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9373_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑩!

杉本寺①!
趣きある石段の参道がいざなう鎌倉最古の寺。
天台宗。創建は鎌倉幕府以前の734年と伝わる鎌倉最古の寺、開山は行基(ぎょうき)。その後985年に横川恵心僧都(えしんそうず)が十一面観音を杉本寺に納めたといわれる。1189年、火事で観音堂は焼失したが、十一面観音は火中より無事に持ち出された。その際火中に入った人物も焼けども負わなかったという逸話を残す。 観音霊場坂東三十三か所第一番の札所(こちらより)
三門下石段!
IMG_9347_edited-1.jpg
三門(18世紀中ごろのもの)!
IMG_9348a_edited-1.jpg

IMG_9350_edited-1.jpg
杉本寺山門の仁王さま(阿形)。運慶作。
IMG_9352_edited-1.jpg
杉本寺山門の仁王さま(吽形)。運慶作。
IMG_9353_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑨!

荏柄天神社③!
IMG_9318_edited-1.jpg

IMG_9319_edited-1.jpg

IMG_9324_edited-1.jpg
みつまた!
IMG_9328_edited-1.jpg
絵筆塚!
漫画家の横山隆一さんが奉納したそうで、154人の漫画家の方が河童の絵を描いています!
IMG_9323_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑧!

荏柄天神社②!
IMG_9301_edited-1.jpg

IMG_9302_edited-1.jpg

IMG_9303_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑦!

荏柄天神社①!
荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある菅原道真を祀る神社。太宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三天神の一つ。源頼朝が鎌倉幕府開府にあたり鬼門の方向の守護社として社殿を造営、さらに徳川家康が豊臣秀吉の命で社殿の造営を行った。明治維新後の神仏分離令で衰退したが、明治6年(1873年)村社となるWikipediaより)
IMG_9291_edited-1.jpg

IMG_9293a_edited-1.jpg

IMG_9294_edited-1.jpg

IMG_9297_edited-1.jpg

IMG_9300_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑧!

源頼朝の墓!
由来!
建久9年(1199)12月27日源頼朝は,御家人の稲毛重成の亡妻の供養のために,相模川にかけた橋の完成祝いに出掛け、その帰り稲村ガ崎で落馬した。その落馬が原因で,翌年の建久10年(1199)1月13日に53歳で亡くなった。大倉法華堂(現在の白旗神社)に葬むられた。現在の墓は白旗神社のすぐ横の階段を登った所にあり、江戸時代に島津氏によって建てられたもので、高さ186cmの五層の石塔である。
建久6年(1196)から頼朝が亡くなった正治元年(1199)までの3年間、鎌倉幕府の公式記録「吾妻鏡」から頼朝の死亡に関する記録が抜けている(仏事の記録はあり)。頼朝の死は謎に包まれていると言われている。
IMG_9289_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑦!

宝戒寺④!
境内には、まだいろんな花々が咲いていました。
椿!
IMG_9293_edited-1.jpg
ロウバイ!
IMG_9295_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑥!

宝戒寺③!
本堂!
IMG_9218_edited-1.jpg
大聖天と書かれた扁額が掛かっている白壁の堂は、大聖歓喜雙身大王が祀られている堂です。この歓喜天は日本最大の木造歓喜天像といわれ、国重文に指定されている。
IMG_9227_edited-1.jpg

IMG_9237_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・⑤!

宝戒寺②!
赤と白の花が入り乱れて咲くという珍しい梅「想いののまま・・・」!
IMG_9201a_edited-1.jpg
たくさんの方々が取り囲んでいます!
IMG_9202_edited-1.jpg

IMG_9203_edited-1.jpg
近づいててみると、確かに赤と白が混じっています!
IMG_9207_edited-1.jpg

IMG_9214_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・④!

宝戒寺①!
宝戒寺(ほうかいじ)は、神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺院。山号は金龍山。詳名を金龍山釈満院円頓宝戒寺と称し、本尊は地蔵菩薩。萩(ハギ)の名所として知られ、「萩の寺」とも呼ばれる。宝戒寺は鶴岡八幡宮三の鳥居前の道(横大路)を右に行った突き当りに位置する。寺域は北条義時以来の歴代の鎌倉幕府執権の屋敷地跡と伝える。萩寺として有名な宝戒寺だが、萩だけではなく梅の見どころでもある。参道に入ると八角形の敷石が山門まで連なっている。
IMG_9194f_edited-1.jpg
三門!
IMG_9195_edited-1.jpg
山門を入ると拝観受付があり、購入する拝観券は本堂に上がり、内陣を拝観するとき使用する内陣拝観券です。
IMG_9199_edited-1.jpg
1本の木に赤と白の花が入り乱れて咲くという珍しい梅「想いのまま」!
IMG_9200_edited-1.jpg
枝垂れ梅は、まだ一分咲きでした!
IMG_9201_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・③!

段葛の桜!
段葛を撮って、宝戒寺に向かっていました。なんと段葛に桜が咲いていました。
段葛、二の鳥居!
IMG_9186_edited-1.jpg
段葛!
段葛(だんかずら)とは、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮の参道、若宮大路のなかで、二の鳥居から鶴岡八幡宮までの車道より一段高い歩道をいう。終着点には三の鳥居があり、鶴岡八幡宮の境内へと到る。神奈川県指定史跡。なお、若宮大路は一部が国の史跡に指定されており、神奈川県道21号横浜鎌倉線の一部である(Wikipediaより)
見えにくいのですが画面の左側に桜が咲いています。
IMG_9188_edited-1.jpg
近づいてみるとこんな感じです。
IMG_9191_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・③!

常立寺②!
IMG_9152_edited-1.jpg

IMG_9153_edited-1.jpg

IMG_9154_edited-1.jpg
元使塚!
1275年(建治元年)、元の使いとして日本にやってきた杜世忠ら5人は、捕らえられて鎌倉へ護送され、北条時宗の命によって龍ノ口で斬首された。常立寺に五基の五輪塔が建てられ供養されたと伝えられている。元使塚は、1925年(大正15年)、時の住職によって建てられたもの。平成17年には、朝青龍や白鵬などのモンゴル人力士が参拝し、モンゴルで英雄を意味する青い布が五輪塔に巻かれた。
IMG_9155_edited-1.jpg

IMG_9157_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・②!

常立寺①!
常立寺(じょうりゅうじ)は神奈川県藤沢市片瀬に建つ日蓮宗の寺。山号は龍口山。北条時宗の命により処刑された杜世忠ら元国使の塚がある事で知られる。また枝垂れ梅の名所としても知られ、梅がほころぶ初春には多くの観光客が訪れる。旧本山は身延山久遠寺。現住は本山本覚寺永倉日侃貫首が代務住職をしております(Wikipediaより)。
三門!
IMG_9130a_edited-1.jpg
境内!
IMG_9131_edited-1.jpg
お地蔵さん!
いつもお花が絶やさずにお供えされています。
IMG_9132_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9133_edited-1.jpg
満開の紅白の枝垂れ梅!
IMG_9134a_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

満開の梅を求めて・・・①!

梅が、ようやく満開、今年も梅を求めて行ってまいりました。常立寺、宝戒寺、荏柄天神社、杉本寺、浄妙寺、報国寺へ・・!かすかに匂う梅の香り・・・春を感じてまいりました。
まずは、江ノ電に乗って江ノ島駅へgoです。良い天気、絶好の写真撮影日和です(ただし、花粉症にはつらい状況・・・スギ花粉がたくさん飛んでおります)。
江ノ電江ノ島駅!
IMG_9167_edited-1.jpg
改札口!
IMG_9168_edited-1.jpg
鎌倉駅方面構内!
IMG_9169_edited-1.jpg
藤沢駅方面構内!
IMG_9170_edited-1.jpg
鎌倉駅行き!
IMG_9176_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記