鎌倉紫陽花散策㉓!

光則寺⑧!
IMG_0174_edited-1.jpg
IMG_0175_edited-1.jpg
IMG_0176_edited-1.jpg
IMG_0177_edited-1.jpg
IMG_0102_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト

鎌倉紫陽花散策㉒!

光則寺⑦!
紫陽花!
IMG_0087_edited-1.jpg
IMG_0088_edited-1.jpg
IMG_0090_edited-1.jpg
IMG_0094_edited-1.jpg
IMG_0112_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策㉑!

光則寺⑥!
ヤマアジサイ!
IMG_0158_edited-1.jpg
IMG_0162_edited-1.jpg
IMG_0166_edited-1.jpg
IMG_0167_edited-1.jpg
IMG_0172_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑳!

光則寺⑤!
ヤマアジサイ!
IMG_0129_edited-1_20140728060836859.jpg
IMG_0144_edited-1.jpg
IMG_0145_edited-1.jpg
IMG_0146_edited-1.jpg
IMG_0149_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑲!

光則寺④!
ヤマアジサイ!
IMG_0113_edited-1_20140727062756437.jpg
IMG_0114_edited-1.jpg
IMG_0116_edited-1.jpg
IMG_0127_edited-1.jpg
IMG_0110_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑱!

光則寺③!
ヤマアジサイ!
IMG_0096_edited-1_2014072605425510e.jpg
IMG_0097_edited-1_201407260542573cb.jpg
IMG_0107_edited-1.jpg
IMG_0108_edited-1.jpg
IMG_0109_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑰!

光則寺②!
ヤマアジサイ!
IMG_0078_edited-1.jpg
IMG_0083_edited-1.jpg
IMG_0084_edited-1.jpg
IMG_0089_edited-1.jpg
IMG_0095_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑯!

光則寺①!
光則寺は日蓮宗の寺院です。日蓮上人が佐渡へ流された時、高弟・日朗が捕らえられて鎌倉幕府第五代執権・北条時頼の重臣・宿屋左衛門尉光則の邸内の土牢に監禁された。しかし光則は日蓮上人が自らの不運を嘆くことなく、弟子の身の上を案じる心に打たれ、次第に日蓮宗に心を寄せる様になり、日蓮上人放免後は、邸を寺として日朗を開山と仰ぎ文永十一年(1274)に創建された。日蓮上人の著した「立正安国論」は光則の父・行時から、文永元年(1260)に北条時頼に建白された。現在の本堂は慶安三年(1650)に建てられた。 
境内には、全国各地から集められた鉢植えの「ヤマアジサイ」が並べられています。その「ヤマアジサイ」の見頃は過ぎていましたが、撮ってまいりました。
山門!
IMG_0069_edited-1.jpg
日蓮が北条時頼に『立正安国論』を提出した経緯が記された「立正安国論御勘由来聖筆碑」が立っています。左はその副碑です。
IMG_0070_edited-1.jpg
本堂、1650(慶安3)年の再建と伝えられています。
IMG_0073_edited-1.jpg
ヤマアジサイ!
IMG_0075_edited-1.jpg
IMG_0077_edited-1_20140724055315baf.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑮!

長谷寺⑦!
IMG_9995_edited-1.jpg
IMG_9992_edited-1_20140723064133796.jpg
IMG_9993_edited-1_201407230641351f5.jpg
IMG_9997_edited-1.jpg
IMG_9998_edited-1_201407230641390c7.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑭!

長谷寺⑥!
竹林!
IMG_0043_edited-1.jpg
IMG_0048_edited-1.jpg
IMG_0044_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑬!

長谷寺⑤!
眺望散策路からの経蔵(輪蔵を納めるお堂)!
IMG_0036_edited-1.jpg
IMG_0037_edited-1.jpg
IMG_0038_edited-1.jpg
IMG_0039_edited-1.jpg
IMG_0040_edited-1.jpg
輪蔵!
輪蔵は経典を納める経庫で、中心に柱を通して回転式にしたもので、中国梁時代 (5世紀) の時代に、学者の傳大士 (ふだいし) により発明されたと立て札にあります。中には、一切経(大蔵経)が納められており、輪蔵を一回転させると、ここにあるお経を全て唱えたことと 同じ功徳があるといわれています。押しながら一周するかたがほとんどですが、その場に立って拝みながら回すのが正しい拝み方のようです。
IMG_0041_edited-2.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑫!

長谷寺④!
眺望散策路の紫陽花!
IMG_0025_edited-1.jpg
IMG_0028_edited-1.jpg
IMG_0030_edited-1_201407200538294b7.jpg
IMG_0031_edited-1.jpg
IMG_0032_edited-1_201407200538329f3.jpg
IMG_0034_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑪!

長谷寺③!
展望台からの眺望!
IMG_0010_edited-1.jpg
IMG_0010a_edited-1.jpg
IMG_0010b_edited-1.jpg
IMG_0011_edited-1.jpg
眺望散策路からの眺望!
IMG_0018_edited-1.jpg
IMG_0019_edited-1.jpg
IMG_0022_edited-1.jpg
IMG_0024_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑩!

長谷寺②!
地蔵堂!
IMG_0001x_edited-1.jpg
卍池!
IMG_0001y_edited-1.jpg
阿弥陀堂!
IMG_0003_edited-1_2014071809070194f.jpg
鐘楼!
IMG_0004_edited-1_201407180907039c7.jpg
観音堂!
IMG_0008_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑨!

長谷寺①!
山門!
IMG_0001a_edited-1.jpg
IMG_0001b_edited-1.jpg
妙智池!
IMG_0001c_edited-1.jpg
IMG_0001e_edited-1.jpg
放生池!
IMG_0001f_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑧!

御霊神社②!
境内!
IMG_9967a_edited-1.jpg
あじさいの小道!
IMG_9973_edited-1.jpg
IMG_9974_edited-1.jpg
IMG_9976_edited-1.jpg
IMG_9981_edited-1.jpg
IMG_9982_edited-1.jpg
IMG_9987_edited-1_20140715171448ab4.jpg
IMG_9983_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑦!

御霊神社①・・・目の前を江ノ電が走る御霊神社(ごりょうじんじゃ)は、平安時代に大庭御厨を開発した鎌倉権五郎景政を祀る。別名「権五郎神社」。
大鳥居・・・現在の大鳥居は、平成23年に建て替えられたもの。
IMG_9957_edited-2.jpg
手水舎!
IMG_9963_edited-1.jpg
弓立ての松・・・鎌倉権五郎景政が領地を見廻る際に弓を立てかけたと伝わる松。
IMG_9963a_edited-1.jpg
IMG_9964_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9967_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑥!

江ノ電!
IMG_0181_edited-1.jpg
IMG_9951_edited-1.jpg
IMG_9962_edited-1.jpg
IMG_9989_edited-1.jpg
IMG_9990_edited-1.jpg
IMG_9990a_edited-1.jpg
IMG_9992_edited-1_20140712063621027.jpg
IMG_0182_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策⑤!

虚空蔵堂!
成就院の道路の反対側に虚空蔵堂があり、成就院が管理しています。 本尊の虚空菩薩ははかり知れない智恵と福徳を人々に施します。源頼朝も敬ったと伝えられています。
IMG_9941_edited-1_20140711050221a7c.jpg
IMG_9942_edited-1_20140711050222aca.jpg
IMG_9943_edited-1_20140711050223fb3.jpg
IMG_9944_edited-1_2014071105022519f.jpg
力餅家は、本日お休みです。
IMG_9947_edited-1.jpg
IMG_9946_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

7月大歌舞伎 昼の部!

7月大歌舞伎昼の部に行ってまいりました(9日)。久しぶりの歌舞伎堪能してまいりました。私の見所は、夏祭浪速艦の玉三郎、海老蔵、中車です。海老蔵の団七、勘三郎と比較しがちですが、大阪弁も板についてなかなかの好演、海老蔵ワールドを堪能いたしました。玉三郎はさすが出てくるだけで場内にピンと糸を張ったような雰囲気になるところはさすがでした。中車は、初めての歌舞伎座とのことでしたが、義平次を熱演、やんやの喝采を浴びておりました。皆さんのこれからの精進を期待致します。
kabukiza_201407ffa_edited-1.jpg
(演目と配役、みどころ)・・・歌舞伎美人より
1、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
  曽我五郎時致 市川右近
  小林妹舞鶴 笑三郎
 ◆荒事の豪快さと華やかさにみちた曽我物舞踊
 曽我五郎は父の仇を討つために、鎧を小脇に抱えて工藤の館へ駆け付けようとしています。今はその機会ではないと五 郎を止めようとするのは小林朝比奈の妹舞鶴。いずれも力自慢の二人は鎧の草摺(裾の部分)を引き合います。
 曽我兄弟の仇討を題材にした作品で、荒事の趣向と華やかさを併せ持つ長唄舞踊です。歌舞伎の絵面美にみちた舞台 をご堪能ください。

2、通し狂言 夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
  お鯛茶屋
  住吉鳥居前
  三婦内
  長町裏
  団七内
  同屋根上
  団七九郎兵衛 海老蔵
  三河屋義平次 中 車
  一寸徳兵衛     猿 弥
  琴浦         尾上右近
  お梶         吉 弥
  玉島磯之丞     門之助
  おつぎ 右之助
  堤藤内 家 橘
  釣舟三婦 左團次
  お辰 玉三郎
◆夏の大坂の風情があふれる義太夫狂言の名作
 和泉国浜田藩家臣、玉島兵太夫の子息磯之丞は、堺お鯛茶屋で恋仲の傾城琴浦と遊蕩にふけっています。そこへ、放 蕩の磯之丞を連れ戻して欲しいと頼まれた魚屋の団七九郎兵衛女房お梶がやって来て、一計をめぐらします。
 団七は、喧嘩の罪で入牢しましたが、玉島兵太夫の取りなしで出牢を許されます。住吉鳥居前で、団七は俠客の釣舟  三婦と再会すると、そこに磯之丞と琴浦が逃れてきます。団七はその危急を救おうとしますが、一寸徳兵衛が立ちはだ  かり、争う内にお梶の仲裁によって、互いの主筋が玉島兵太夫であるとわかると、義兄弟の仲になるのでした。
 誤って人殺しを犯した磯之丞は、琴浦と共に三婦の家に匿われていました。そこへ徳兵衛の女房お辰が訪れ、磯之丞を 預かることを申し出ます。三婦は、お辰の若く美しい顔を見て、間違いがあってはと難色を示しますが、お辰は意外な行 動を取ります。一方、金に目がくらんだ団七の舅三河屋義平次は、琴浦を連れ出します。この悪事を知った団七は義平  次を追いかけ…。今回は、役柄の人物像がより鮮明になる通しでの上演。盛夏の大坂を舞台にした義太夫狂言の名作 をお楽しみください。
(筋書より)
IMG_0596_edited-1.jpg
IMG_0597_edited-1.jpg
IMG_0598_edited-1.jpg
IMG_0600_edited-1.jpg
IMG_0602_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策④!

成就院②!
由比ヶ浜が見渡せる参道の両側に「アジサイ」が植えられています。北鎌倉の明月院と並ぶ「アジサイの名所」です。植えられている「アジサイ」の株は、「般若心経」の文字数と同じ262株。「アジサイ」が植えられている参道の石段は、煩悩の数と同じ108段ということだそうです。
IMG_9925_edited-1.jpg
IMG_9930_edited-1.jpg
IMG_9937_edited-1.jpg
IMG_9941_edited-1_20140709050436c1f.jpg
IMG_9942_edited-1.jpg
IMG_9943_edited-1_20140709050520bb1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策③!

成就院①!
極楽寺坂切通し!
鎌倉七切通し(鎌倉七つ口)の一つで,極楽寺の開山忍性上人によって切り開かれたといいます。また,新田義貞の鎌倉攻めの激戦の地になったことでも知られています。 右の階段を登ると成就院境内です。
IMG_9905_edited-1_20140708054041c61.jpg
IMG_9909_edited-1.jpg
山門!
IMG_9911_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9912_edited-1.jpg
弘法大師行脚像!
IMG_9914_edited-1.jpg
不動明王!
本尊の御分身で、写真を撮って携帯電話の待受画面にすると運気がアップするといわれています。男女の縁に限らず、仕事や人間関係の縁にもご利益があります。   
IMG_9918_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

7月7日 七夕!

広島カープが優勝しますように・・・!
297796436491118395a.jpg
backgrounda.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策②!

極楽寺!
IMG_9892_edited-1.jpg
IMG_9893_edited-1.jpg
本堂!
IMG_9897_edited-2.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉紫陽花散策①!

紫陽花を撮りに釜kらへ行ってきました(6月18日)。紫陽花散策は、極楽寺、成就院、御霊神社、長谷寺、光則寺を回ります。極楽寺に撮y託した時間は午前9時ころ、まだ人は少ない状態でした。ところが・・・・、だんだん人が溢れて参りました(笑)
江ノ電極楽寺駅!
IMG_0200_edited-2.jpg
IMG_0190_edited-1.jpg
IMG_0189_edited-1.jpg
IMG_0192_edited-1.jpg
極楽寺駅前、紫陽花がお出迎えしてくれました。
IMG_0201_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

神代植物公園散策㉓!

鬼太郎茶屋!
IMG_9209_edited-1.jpg
IMG_9210_edited-1.jpg
IMG_9215_edited-1.jpg
IMG_9217_edited-1.jpg
IMG_9219_edited-1.jpg
IMG_9225_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

夏越の祓!

赤坂山王神社の夏越の祓の行事、「茅の輪くぐり」に行ってまいりました。茅(ちがや)で大きな輪を神社の境内に作り、この茅の輪をくぐることで病気や禍を免れようと言う神事です。
IMG_0448a_edited-1.jpg
IMG_0454a_edited-1.jpg
IMG_0478a_edited-1.jpg
IMG_0510a_edited-1.jpg
IMG_0530a_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Aki

Author:Aki
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

おきてがみ!


性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。 趣味は写真のほか、音楽(ジャズ) 、歌舞伎、旅行(海外・国内問わず) 、スポーツ(するのがゴルフ・水泳、見るのがサッカー・野球・大相撲)です。
Sex: Man
The metropolis and districts: Kawasaki-shi, Kanagawa
Self-introduction
With a digital single-lens reflex camera, I take a scenery photograph at will. A hobby is music (jazz), Kabuki, a trip (regardless of foreign countries, the country), sports other than a photograph (it golfs to do and swims, and looking soccer, baseball, the Grand Sumo Tournament).

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
コラブロ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

■ ブログ名:気まぐれPhoto Album

■ ブログ名:Release the shutter!