fc2ブログ

ロンドン・パリ⑬!

イートンの街並①!
DSC05754.jpg
DSC05755.jpg
DSC05755b.jpg
DSC05755a.jpg
By appointment to HRH the prince of wales talors and outfitteas Billnigs & Edmonds LTD ETON
DSC05755aa_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



ロンドン・パリ⑫!

ウィンザー&イートン橋を渡り、イートンの町goです!
DSC05751.jpg
橋から左側が、イートンの町、正面の建物は、高級マンションだそうです!
DSC05749.jpg
橋から右側がウインザーの町です!
DSC05750.jpg
橋を渡り、振り返ってみると、ウインザー城が見ています!
DSC05752.jpg
趣のあるイートンの町に入ってきました!
DSC05753.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

第14回伝統歌舞伎保存会研修発表会!

第14回伝統歌舞伎保存会研修発表会(2014年10月26日)に行ってまいりました。
140925kh01.jpg
1、歌舞伎への誘い
  中村魁春
  大谷友右衛門
  中村芝雀
  中村東蔵
  市川染五郎
  松本幸四郎
  (順不同)
  竹田出雲・三好松洛・並木千柳作
2、『双蝶々曲輪日記』 八幡の里引窓の場
  南与兵衛後に南方十次兵衛 : 中村松江(中村東蔵長男)
  濡髪長五郎 : 大谷廣太郎(大谷友右衛門長男)
  南与兵衛女房お早 : 大谷廣松(大谷友右衛門二男)
  母お幸 : 松本幸雀(国立劇場一期生)
  平岡丹平 : 松本錦一(国立劇場十期生)
  三原伝造 : 松本錦成(松本幸四郎部屋子)
☆監修 松本幸四郎
☆指導 伝統歌舞伎保存会会員

(あらすじ)
濡髪の実母お幸は、八幡村の郷代官をしていた南方十次兵衛の後妻となり、義理の息子の与兵衛とその女房のお早といっしょに暮らしていた。そこへ、今はお尋ね者となった濡髪が暇乞いにやってきた。侍殺しの重罪で逃げている濡髪を、お幸とお早はかくまうことに。ところが、亡き父親の跡目を継いで郷代官に取り立てられた与兵衛が、濡髪を捕える役目を仰せつかった、と意気込んで帰ってくる。その様子を二階でうかがっていた濡髪の姿が手水鉢の水面に映り、ハッとする与兵衛。それに気づいたお早は、とっさに引窓を閉める。だが家の中を暗くしては、夜の探索を任された与兵衛の出番となってしまう。「日はまだ高い」と再び引窓を開けるお早。真相を知った与兵衛は、濡髪を逃がす決意をし、暗に河内への抜け道も教えて出かける。そうした与兵衛の気持ちに感じ入った濡髪は自主しようとするが、お幸が止めて、前髪を剃り、人相を変えようとする。が、頬のほくろまでは取り去ることはできない。困っていると、与兵衛が投げた金包みが頬にあたり、傷でほくろが目立たなくなった。義理とはいえ兄の情に心うたれた濡髪は、自主をすると母親を説得。お幸も聞き入れ、涙ながらに濡髪を引窓の縄で縛ると、与兵衛に引き渡した。しかし、与兵衛は濡髪の縄を切る。すると引窓が開いて月の光が差し込んだ。「夜が明けた。みどもの役目は夜ばかり」と濡髪を逃がしてやるのだった。

若い俳優の皆さんの熱意が伝わって来ました。最初、緊張が伝わって来るような舞台でしたが、話が進行していくうちに硬さも取れて、よかったです。
公演が終わり出口に向かっていると、和服の女性が会釈されたように感じました。なんと松本幸四郎の奥様でした。ロービーに出ると和服の奥様方がたくさん、奥様方も大変ですね。ご苦労様です。

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑪!

テムズ川にかかる橋!
DSC05745.jpg
DSC05744.jpg
DSC05746.jpg
ウィンザー&イートン橋!
橋を挟んで、手前がウインザーの町、渡るのイートンの町です。
DSC05747.jpg
橋の街灯!
DSC05748.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑩!

イートンの町までテ-ムズ川沿いを徒歩で行きます。
テムズ川には沢山の白鳥や野鳥がいます。イギリスでは白鳥はすべて女王様の所有物とされ勝手に捕獲したり殺したりペットにする事は禁じられています。白鳥の所有には王室の許可がいるそうです!
DSC05736.jpg
DSC05737.jpg
DSC05739_edited-1.jpg
DSC05742.jpg
DSC05738.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑨!

Danesfield Houseをバスで出発、パブリックスクールの名門イートン校のあるイートンの街へGoです。
DSC05719_edited-1.jpg
DSC05723.jpg
DSC05724.jpg
DSC05728.jpg
ウインザー&イートン中央駅!
DSC05733a.jpg
DSC05734.jpg
DSC05735.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑧!

Danesfield House⑤!
さすがロンドン、あっという間に霧が出てきました。
DSC05677.jpg
DSC05690.jpg
DSC05691.jpg
DSC05692.jpg
DSC05695.jpg
DSC05701.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑦!

Danesfield House④!
朝食後、ホテル周辺をを散歩しました・・・。
DSC05667b.jpg
DSC05668.jpg
DSC05669.jpg
テームズ川が見えております。
DSC05671.jpg
DSC05674.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑥!

Danesfield House③!
DSC05662a.jpg
DSC05663.jpg
DSC05664.jpg
DSC05665.jpg
DSC05666.jpg
イングリッシュ・ブレックファースト!
DSC05667.jpg
DSC05667a.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑤!

Danesfield House②!
DSC05632.jpg
DSC05638.jpg
DSC05641.jpg
DSC05644.jpg
DSC05645.jpg
DSC05646.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ④!

Danesfield House①!
今宵の宿は、テムズ河沿いの美しい田園に囲まれた帰属の館 「Danesfield House」です。
naritakararondon16_edited-1.jpg
DSC05626.jpg
naritakararondon17_edited-1.jpg
DSC05627.jpg
DSC05628.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ③!

ロンドン郊外の街並!
ヒースロー空港からホテルに移動!
DSC05613.jpg
DSC05615.jpg
DSC05617.jpg
DSC05620.jpg
DSC05621.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ②!

イースロー空港!
DSC05607.jpg
DSC05608.jpg
二階建てバスです。
DSC05610.jpg
DSC05609.jpg
修学旅行がロンドンの女子高生、流石です。
DSC05611.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ①!

ドーバー海峡を横断 ユーロスターとロンドンからパリへ2002年10月12~19日に行ってきまし た。
ちょいと古いですけど、よろしくお願いします。
まずは、成田空港からヴァージンアトランタ空港にてロンドン、ヒースロー空港へ・・・。
成田空港のヴァージンアトランタ空港!
DSC05588.jpg
機内①!
DSC05591.jpg
機内に
DSC05596.jpg
機内食は2回出ました!
DSC05598.jpg
ロンドン、ヒースロー空港へ無事に到着しました!
DSC05599.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

皆既月食(2014年10月8日)!

皆既月食(2014年10月8日)!
始まる前(17時50分)!
IMG_2514_edited-1.jpg
部分食の初めころ(18時46分)!
IMG_2544_edited-1.jpg
部分食が半分位(19時09分)!
IMG_2558_edited-1.jpg
部分食が4分の3位(19時22分)!
IMG_2570_edited-1.jpg
皆既食の始め頃(19時50分)!
IMG_2604_edited-1.jpg
皆既食は終了、すっかり満月に(22時10分)!
IMG_2659_edited-1.jpg
皆既月食(国立天文台ホームページより)!天候が心配でしたが、部分食の始まりから、皆既食のはじめまで見ることができました。
20141008-l_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記