ロンドン・パリ㉝!

ロンドン半日市内観光⑦!
雨脚が強くなってきました!
DSC05923.jpg
DSC05927.jpg
DSC05930_edited-1.jpg
DSC05932.jpg
DSC05936.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト

ロンドン・パリ㉜!

ロンドン半日市内観光⑥!
タワーブリッジ!
タワー・ブリッジ は、イギリスのロンドン市内を流れるテムズ川に架かる跳開橋。1886年に着工、1894年に完成した。可動部分は初期の頃は蒸気機関で水をパイプに通して跳開部の端に水圧を掛けシーソーの原理を利用して開閉していたが、現在は電力を利用している(ウィキペディア)。
DSC05916.jpg
DSC05909.jpg
テムズ川沿い!
DSC05917.jpg
DSC05919.jpg
ロンドン・アイも見えています!
DSC05921.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉛!

ロンドン半日市内観光⑤!
世界遺産のロンドン塔!
今ではすっかり観光地となっていますが、昔は怖ろしい牢獄でした。ここに収監されるのは身分の高い政治犯や反逆者で、テムズ川から「反逆者の門」と言われる門をくぐって運び入れられたのです。
DSC05906.jpg
DSC05907.jpg
DSC05907b.jpg
DSC05907a.jpg
DSC05904.jpg
DSC05905.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉚!

ロンドン半日市内観光④!
DSC05890.jpg
DSC05889_edited-1.jpg
DSC05891.jpg
セントポール寺院!
DSC05895_edited-1.jpg
DSC05900.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉙!

ロンドン半日市内観光③!
トラファルガー広場!
DSC05878.jpg
DSC05880.jpg
DSC05888.jpg
DSC05877.jpg
DSC05886.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉘!

ロンドン半日市内観光②!
DSC05867.jpg
DSC05868.jpg
DSC05870.jpg
Burberry!
DSC05873.jpg
すっかり雨模様です!
DSC05874.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉗!

ロンドン半日市内観光①
ロンドンが近づいてまいりましたが、雨模様です。
DSC05858.jpg
DSC05862.jpg
DSC05859.jpg
DSC05865.jpg
DSC05866_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉖!

ロンドンへ向かってgoです!
DSC05850.jpg
DSC05851.jpg
ロングウォークです。
DSC05852.jpg
DSC05853_edited-1.jpg
DSC05854.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉕!

ウインザーの街!
ヴィクトリア女王像!
DSC05840.jpg
DSC05841.jpg
DSC05842.jpg
ウィンザー&イートン・セントラル駅!
DSC05845.jpg
DSC05848.jpg
DSC05849.jpg
昼食は、ご存知、フィッシュ・アンド・チップスです。美味しかったですよ。昼食後は、いよいよ、ロンドンへgoです!
10061726.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉔!

ウインザー城④!
ステート・アパートメンツ!
エリザベス女王の居城であるステート・アパートメンツ(State Apartments)。内部は女王が不在であれば見学ができる。ただしコの字型をしたステート・アパートメンツの内側の庭は立ち入り禁止となっているので、柵の前からの撮影です。
DSC05834.jpg
ちょうど、お昼時で、衛兵の方々もランチのため宿舎におかえりです!
DSC05835.jpg
DSC05836.jpg
DSC05837.jpg
ウインザー城の街並み!
DSC05838.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉓!

ウインザー城③!
内部は撮影禁止のため、画像は>こちらから拝借いたしました・・・。
ウオータールーの間・・・聖ジョージ礼拝堂でのガーター叙勲礼拝式が行われる前に、ここで女王陛下とガーター勲爵士が昼食を食べます!
A5A6A5A3A5F3A5B6A1BCBEEBA1CAA5A6A5A9A1BCA5BFA1BCA5EBA1BCA4CEB4D6A1CB1.jpg
ガーター王座の間です・・・新しいガーター勲爵士が女王陛下から勲位を授かる部屋です!
A5A6A5A3A5F3A5B6A1BCBEEBA1CAA5ACA1BCA5BFA1BCB2A6BAC2A4CEB4D6A1CB_edited-1.jpg
メアリー女王の人形の家!
A5A6A5A3A5F3A5B6A1BCBEEBA1CAA5E1A5A2A5EAA1BCBDF7B2A6A4CEBFCDB7C1A4CEB2C820B8BCB4D8A1CB.jpg
fc2blog_20141113083708a45.jpg
聖ジョージ礼拝堂です・・・ウィンザー騎士団がここでガーター勲爵士の代理をしています。ガーター勲章の守護聖人が聖ジョージで、特に崇拝されています。聖歌隊席には、ガーター勲爵士の旗が掲げられています。毎年6月に、ここでガーター叙勲礼拝式が行われます!
A5A6A5A3A5F3A5B6A1BCBEEBA1CAC0BBA5B8A5E7A1BCA5B8CEE9C7D2C6B2A1CB9_edited-1.jpg
大応接室です・・・女王陛下がレセプションとして利用する部屋で、聖ジョージの広間とウォータールーの間に隣接しています!
A5A6A5A3A5F3A5B6A1BCBEEBA1CAC2E7B1FEC0DCBCBCA1CB_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉒!

ウインザー城②!
城内入口の照明器具には王冠がついていました!
DSC05823.jpg
入口からすぐ左に折れ、ラウンドタワーを眺めるようにしてながら時計回りで歩く。ウィンザー城は、アッパー、ミドル、ロウアーの3つの区域からなるが、このあたりはミドル・ウォード(Middle Ward)。
DSC05825.jpg
ラウンド・タワーは高台に建っており、その前面はお堀のような窪地になっている。そこはバラをはじめ、さまざまな花が植栽されている。
DSC05826.jpg
DSC05827_edited-1.jpg
DSC05831.jpg
ラウンド・タワーの直下はロックガーデンのようだ!
DSC05832_edited-1.jpg
DSC05833.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ㉑!

ウインザー城①!
ゲートを入ってしばらくすると、ウィンザー城のシンボルであるラウンド・タワー(The Round Tower)が見えるようになる。いよいよ、お城内部の見学です!
DSC05815.jpg
DSC05816.jpg
DSC05817.jpg
DSC05819.jpg
DSC05822.jpg
エリザベス女王も週末はウィンザー城で過ごすことが多いということです。このラウンド・タワーの頂上に国旗ではなく王室旗が立っていればエリザベス女王が滞在中であるが、この日は何もないようで、不在なのようです。
DSC05822a.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑳!

ウィンザー&イートン・セントラル駅!
DSC05806.jpg
ウインザー城の高い壁が見えてきました。
DSC05807.jpg
ウインザー城周辺の風景!
DSC05811.jpg
ウインザー城周辺の風景!
DSC05812.jpg
ウインザー城入り口です!
DSC05814.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑲!

イートンの街ともいよいよお別れです!
DSC05798.jpg
ウィンザー&イートン橋を渡るとウインザ-の街へgoです。
DSC05802.jpg
ジョージ5世メモリアル!
DSC05803.jpg
ウインザーの街!
DSC05805.jpg
ハンバーガーのお店!
DSC05805a.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑱!

イートンの街並⑥!
イートン・カレッジ③!
(歴史)
440年、ヘンリー6世により創立。もとは70人の貧しい少年たちに無料で学問を施すために設立された。彼らはその後、ケンブリッジ大学のキングス・カレッジ(同じくヘンリー6世が1441 年に設立した)に進学することとなる。イートン・カレッジ設立の際、学生の半分と校長はウィンチェスター・カレッジ(ウィンチェスター校、1382年創 立)から連れてこられ、以後ウィンチェスター・カレッジを手本にイートン・カレッジは成長し、17世紀には人気のある学校となった。ヘンリー6世は学校に多大な寄付をした。広大な敷地、驚くべき規模の建物、いくつかの宗教上の遺物(おそらく、聖十字架や茨の冠の一部)などである。また、教皇を説得して、生徒にイングランド内で聖母被昇天の祭日に苦行者に贖宥状を発行できる特権を与えさせた。しかし、ヘンリー6世が1461年にエドワード4世によって追放されたあと、エドワード4世は学校に対するすべての寄付を破棄して、資産や聖遺物のほとん どをテムズ川対岸のウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂に持ち去った。伝説では、エドワードの愛人ジェーン・ショアが学校に介入して多くのものを守ったというが、王の遺産と教師の数は非常に削られた。資産も奪われ、しかも壮大な校舎がまだ建設中だったため、財政は極めて厳しくなった。礼拝堂や校舎の計画を縮小しつつ、多くの聖職者や貴族らが寄付をして建築は進められ、その際寄付者の名前が栄誉を称えて校舎のあちこちに付くこととなっ た。19世紀、測量技師としてイートンに来た建築家ジョン・ショーJr.は生徒の生活改善のためカレッジの新しい一部を建設した。ナポレオンを破った著名な軍人ウェリントン公アー サー・ウェルズリーが「ワーテルローの戦いはイートン校の運動場で勝ち取られた」と言った話は有名である。しかしこの格言に疑義を唱える者もいる。ウェルズリー はイートン・カレッジに入学したが、学費不足と不熱心さのため退学している。また、18世紀末、学校に運動場や組織だったスポーツ はなかったと言う説もある。また、この格言自体がウェルズリーの死の3年後に初め て記録されているのである。しかしウェルズリーがイートン・カレッジで人気があったのは事実で、彼は晩年何度もイートンを訪れている。
(出身者)
初代首相ロバート・ウォルポール
パーシー・ビッシュ・シェリー
ウィリアム・グラッドストン
ロバート・ボイル
イアン・フレミング
アンソニー・イーデン
オルダス・ハクスリー
ハロルド・マクミラン
ジョン・メイナード・ケインズ
ジョージ・オーウェル
チャールズ・ヒューバート・パリー
ジョン・メイナード=スミス
スティーブン・ウルフラム
ホレス・ウォルポール
ジェレミー・ブレット
ネパール国王ディペンドラ
ネパール国王ビレンドラ
ウィリアム王子
ヘンリー王子
DSC05781.jpg
DSC05782.jpg
DSC05783.jpg
DSC05784.jpg
DSC05785.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑰!

イートンの街並⑤!
イートン・カレッジ②!
イートンカレッジの教会・・・歴史を感じさせるなかなか立派な教会です。イートン校といえば、映画「炎のランナー」で中庭を走るシーンが撮影された場所ですが、今回は残念ながら見れず・・・。
DSC05774.jpg
燕尾服にピンストライプのパンツという、変わらないエレガントな制服の学生たち・・・!
DSC05774b.jpg
DSC05774c.jpg
DSC05778.jpg
DSC05779.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑯!

イートンの街並④!
イートン・カレッジ①・・・イートン・カレッジが近づいてまいりました!
イートン・カレッジ(Wikipedia)・・・正式名称King's College of Our Lady of Eton beside Windsor)は 1440年に創設された英国の男子全寮制パブリックスクール。ロンドン西郊に位置し、王室のある街ウィンザーとはテムズ川を渡って対岸のバークシャー州イートンに広大な敷地を持ち、校舎やゴシック様式の礼拝堂、歴史博物館などがある。各界に多くの著名人を輩出し、特に過去18人の首相を出している英国一の名門校。
イートン・カレッジの生徒は13歳から18歳までの少年約 1300人ほど(1学年あたり250人ほど)で、学費は年24000ポンドに達する。そのうち試験によって、1学年で14人ほどだけが、学費の75%をまかなう奨学金を受け「王の学徒(King's Scholars)」と呼ばれ「カ レッジ」に住む事ができる。これは元来、学校がイングランド王ヘンリー6世の創設によるもので、当時は1学年14人、全校で70人で、全員が王によって学費を保障されていたことにち なむ。残りの生徒は「ハウス」に住み、「オピダンズ(Oppidans)」と呼ばれる。(オピダンズとは「町の子」の意味。ラテン語の「町 (Oppidum)」にちなみ、かつて70人から徐々に増えていった分の生徒はイートンの対岸のウィンザーの町の下宿から通っていたことによる。後にマ ナーの教育を徹底させるためハウスという寮に入れることになった。)多くのハウスがあり、それらはハウスに生徒とともに住んでいる教師(寮長)の姓をとって呼ばれている。イートン・カレッジは、イギリスの各界指導層を構成しているOB(alumni)たちの存在で有名であり、また独自の用語や伝統が数多く残されていること でも知られる。特に黒の燕尾服、チョッキ、ファルスカラー、ピンストライプのズボンにタイという制服は今も変わらず異彩を放っている。現在の制服はジョージ3世の葬儀の際に喪服として着られ、そのまま定着したものである。また、校内で属する集団(Popと呼ばれる指導的立場の生徒集団、Sixth Form Selectと呼ばれる成績優秀者集団など)によってチョッキのボタンやズボンなど細部が異なっているので、どういう集団の一員かが一目で分かる。「王の 学徒」は黒いガウンを着ることが要求される。
DSC05768.jpg
燕尾服の学生です。
DSC05770.jpg
DSC05771.jpg
学生の寄宿舎です。
DSC05772.jpg
DSC05773.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑮!

イートンの街並③!
古い素敵な街並みです。
DSC05760.jpg
DSC05761.jpg
ヴィクトリア時代の最古の?郵便ポストが残ってます。
DSC05762.jpg
DSC05763.jpg
近づいてみると、王冠のマークがありました。
DSC05764.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ロンドン・パリ⑭!

イートンの街並②!
DSC05755c.jpg
ウインドウ・ショッピング!
DSC05756.jpg
DSC05757.jpg
DSC05758.jpg
こんなイートン校の学生に出会うかな?
DSC05759.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Aki

Author:Aki
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

おきてがみ!


性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。 趣味は写真のほか、音楽(ジャズ) 、歌舞伎、旅行(海外・国内問わず) 、スポーツ(するのがゴルフ・水泳、見るのがサッカー・野球・大相撲)です。
Sex: Man
The metropolis and districts: Kawasaki-shi, Kanagawa
Self-introduction
With a digital single-lens reflex camera, I take a scenery photograph at will. A hobby is music (jazz), Kabuki, a trip (regardless of foreign countries, the country), sports other than a photograph (it golfs to do and swims, and looking soccer, baseball, the Grand Sumo Tournament).

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
コラブロ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

■ ブログ名:気まぐれPhoto Album

■ ブログ名:Release the shutter!