昭和記念公園散策⑦!

チューリップ⑥!
IMG_5428_edited-1.jpg
IMG_5429_edited-1.jpg
IMG_5434_edited-1.jpg
IMG_5430_edited-1.jpg
IMG_5435_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト

昭和記念公園散策⑥!

チューリップ⑤!
IMG_5421_edited-1.jpg
IMG_5422_edited-1.jpg
IMG_5423_edited-1.jpg
IMG_5426_edited-1.jpg
IMG_5427_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

昭和記念公園散策⑤!

チューリップ④!
IMG_5415_edited-1.jpg
IMG_5417_edited-1.jpg
IMG_5418_edited-1.jpg
IMG_5419_edited-1.jpg
IMG_5420_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

昭和記念公園散策④!

チューリップ③!
IMG_5407_edited-1_20160526065903577.jpg
IMG_5408_edited-1.jpg
IMG_5409_edited-1.jpg
IMG_5413_edited-1.jpg
IMG_5414_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

昭和記念公園散策③!

チューリップ②!
IMG_5396_edited-1_20160524060808917.jpg
IMG_5402_edited-1.jpg
IMG_5405_edited-1.jpg
IMG_5406_edited-1.jpg
IMG_5407_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

昭和記念公園散策②!

チューリップ①!
IMG_5390_edited-1_20160522230404203.jpg

IMG_5389a_edited-1.jpgmg src="http://blog-imgs-94.fc2.com/a/k/i/a
IMG_5393_edited-1.jpg
IMG_5394_edited-1.jpg
IMG_5395_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

昭和記念公園散策①!

西立川口より入園!
IMG_5389_edited-1.jpg
ネモフィラ!
IMG_5480_edited-1.jpg
IMG_5482_edited-1.jpg
IMG_5484_edited-1_20160518131002346.jpg
IMG_5491_edited-1_20160518131003bd8.jpg
IMG_5653_edited-1.jpg
IMG_5655_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部!

團菊祭五月大歌舞伎 昼の部に、行ってまいりました!
海老蔵、菊之助、松緑が顔を会われる豪華版、楽しんでまいりました。
1、演目と配役(歌舞伎美人より)
  ①、鵺退治(ぬえたいじ)
源頼政 梅玉
猪の早太 又五郎
巫女梓 歌女之丞
九条関白 錦之助
菖蒲の前 魁春
  菅原伝授手習鑑
  ②、寺子屋(てらこや)
松王丸 海老蔵
千代      菊之助
戸浪      梅枝
涎くり与太郎 廣松
春藤玄蕃 市蔵
百姓吾作   家橘
園生の前 右之助
武部源蔵 松緑
  河竹黙阿弥 作
  花街模様薊色縫
  ③、十六夜清心(いざよいせいしん)
浄瑠璃「梅柳中宵月」
清心 菊之助
十六夜 時蔵
恋塚求女 松也
船頭三次 亀三郎
俳諧師白蓮実は大寺正兵衛 左團次
  ④、楼門五三桐(さんもんごさんのきり)
   石川五右衛門 吉右衛門
   右忠太 又五郎
   左忠太 錦之助
   真柴久吉 菊五郎
2、みどころ(歌舞伎美人より)!
①、鵺退治(ぬえたいじ)
伝説を元に描かれた時代狂言
時の帝が、毎夜物の怪に悩まされていることから、源頼政にこれを退治する勅命が下ります。頼政が、邪気を払うために弓の弦を鳴らす鳴弦の法を行うと、凄まじい響きとともに現れたのは、頭は猿、躰は狸、尾は蛇、手足は虎に似た鵺でした。激しい闘いの末、見事鵺を退治した頼政に対し、九条関白はその武勇を愛で、勘当の身となっていた頼政を許したうえ、恋仲であった宮中の美女菖蒲の前を妻とすることを許します。そして恩賞として、皇室に伝わる宝刀を授けるのでした。54年ぶりの上演となる新歌舞伎をお楽しみください。
②、寺子屋(てらこや)
忠義に苦悩する夫婦の姿
武部源蔵は、妻戸浪と寺子屋を営みながら、菅丞相の子・菅秀才を匿っています。このことが敵の時平方に発覚し、菅秀才の首を差し出すよう命じられた源蔵は、悩んだ末、その日寺入りしたばかりの小太郎という子どもの首を検分役の松王丸に差し出します。なんとか窮地を切り抜け安堵する源蔵夫婦のもとに、小太郎の母千代が迎えに現れ、源蔵が千代に斬りかかるところに、最前の松王丸も姿を見せます。すると、松王丸は、自らが検分した菅秀才の首について語り始め…。
重厚な義太夫狂言の一幕にご期待ください。
③、十六夜清心(いざよいせいしん)
情緒あふれる清元と清心の名せりふ
鎌倉極楽寺の僧である清心は、遊女の十六夜と深い仲になったため、女犯の罪で寺を追われてしまいます。清心と十六夜は心中を決意し、手を取り合って入水しますが、十六夜は舟遊びをしていた俳諧師白蓮に助け上げられてしまいます。一方の清心も、水練に堪能であったために死に損ないます。川から上がった清心が再び入水すべきかどうか思案するところへ、寺小姓の恋塚求女が通りかかり、癪を起こして苦しみます。介抱した拍子に求女の懐にある大金に触れた清心は、抵抗する求女と揉み合ううちに、はずみで求女を殺めてしまい…。名せりふにあふれる河竹黙阿弥の世話物をご覧ください。
④、楼門五三桐(さんもんごさんのきり)
絢爛さと豪快さにあふれる一幕
桜の咲き誇る南禅寺の山門の楼上。天下の大盗賊石川五右衛門が煙管をくゆらせながら景色を眺めていると、一羽の白鷹が血染の遺書を咥えて飛んできます。これは、大明国の宋蘇卿の遺書で、これを読んだ五右衛門は、実は自分が宋蘇卿の遺児で、宋蘇卿と、大恩ある武智光秀がともに真柴久吉のために命を落としたことを知ります。そこへ楼門の下を一人の巡礼が通りかかり、五右衛門に声をかけてきます。実はこの巡礼こそ真柴久吉で…。歌舞伎らしい色彩美と様式美満載の舞台をお楽しみください。
kabukiza_201605fff_6ea0e8f85b9aabc24494593397393d8d_edited-1.jpg
筋書!
DSC07787_edited-2.jpg
DSC07791_edited-1.jpg
①、鵺退治(ぬえたいじ)、②、寺子屋(てらこや)(筋書より)!
DSC07790_edited-1.jpg
③、十六夜清心(いざよいせいしん)、④、楼門五三桐(さんもんごさんのきり)(筋書より)!
DSC07789_edited-1.jpg
今月の出演俳優(筋書より)!
DSC07793_edited-1.jpg
DSC07795_edited-1.jpg
DSC07792_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /><br /><br /><br /><br />	</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

生誕300年記念 若冲展!

生誕300年記念 若冲展に行ってまいりました。初期から晩年までの代表作品が集結しています。京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が一堂に会す初めてのことだそうです。すごい人気です。入場するには、長蛇の行列は覚悟、熱中症の対策には怠り無き様に・・・。
すごい行列です!
DSC07796_edited-1.jpg
DSC07797_edited-1.jpg
以下、パンフレットより!
DSC07804_edited-1.jpg
DSC07805_edited-1.jpg
DSC07806_edited-1.jpg
DSC07807_edited-1.jpg
DSC07808_edited-1.jpg
DSC07809_edited-1.jpg
群鶏図(1761~65年)・・・雄鶏の美を求めた果てに登場する13羽の織物。羽毛の文様は、現実の鶏の羽毛の型に基づいてはいるのだが、渦巻のように広がり、観る者の眩暈を呼ぶ。まるで全体で1匹の怪物が形作られているようにも見える!
DSC07812_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

姫路城&平等院㉔!

京都駅!
DSC05812_edited-1.jpg
DSC05816_edited-1.jpg
DSC05809_edited-1.jpg
DSC05806_edited-1.jpg
DSC05804_edited-1.jpg
DSC05810_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

姫路城&平等院㉓!

伊藤久右衛門 本店!
宇治といえば、ここでしょう。『伊藤久右衛門 本店』に行ってきました。
DSC05789_edited-1.jpg
DSC05790_edited-1.jpg
DSC05791_edited-1.jpg
DSC05792_edited-1.jpg
私は、人気の「抹茶パフェ」をいただきました。ごちそうさま!
DSC05797_edited-1.jpg
連れは、こちら・・・「ほうじ茶ぜリーと抹茶チーズケーキ」!
DSC05794_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

姫路城&平等院㉒!

宇治橋・・・宇治橋は、宇治川に架かる橋で646年に初めて架けられたという伝承の残る橋で、古今和歌集や源氏物語(「宇治十帖」の舞台)にも登場する橋です。現在の橋は1996年に造られたもので、平等院参道側(西詰)には紫式部像があります。
DSC05784_edited-1_20160506131436af6.jpg
宇治橋と紫式部像!
DSC05783_edited-1_20160506131434527.jpg
宇治橋から上流を望む!
DSC05785_edited-1.jpg
宇治橋から下流を望む(JR奈良線)!
DSC05800_edited-1.jpg
京都伏見方面!
DSC05787_edited-1.jpg
宇治方面!
DSC05788_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

姫路城&平等院㉑!

世界遺産 平等院⑥!
観音堂(重要文化財)〔非公開〕
鎌倉時代前期に創建当時の本堂跡に再建された建造物とされています。全体的に簡素な建物ながら、垂木を地円飛角の二軒とし、天平以来の格式高い様式に倣っています!
DSC05780_edited-1.jpg
DSC05782_edited-1.jpg
修学旅行の中学生!
DSC05781_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

男の料理!

ホタルイカとアスパラのパスタ(2人分)を作ってみました。美味しかったです!
(レシピ)・・パスタ(200g)、ホタルイカ(20匹)、アスパラ(3本)、にんにく(1片)、オリーブオイル(大さじ2)、塩(小さじ1)、
コショウ(少々)、パスタゆで汁(50ml)。  
DSC07742a_edited-2.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br />          </div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ハンカチの木!

近所でハンカチの木が見頃だといううので、撮ってきました。白い苞(葉っぱが変化したもの)が木にいくつも垂れさがり、風にゆられる姿はまさにハンカチです。
由来・歴史・・・属名のダビディアはこの植物を発見したフランス人の神父アルマン・ダビットの名前にちなみます。だビット神父はジャイアントパンダを発見した人物としても有名です。和名のハンカチノキや別名のハトノキは大きな白い苞に由来します。日本に入ってきたのは1952年、アメリカからタネを入手して苗木を育てたのが最初です。このときは2本の苗木が育ち、そのうち1本は1965年に初めて開花しましたがその後2本とも枯れて現在はありません。日本に現存する最も古い木は1958年頃にタネから育てられたもので、小石川植物園に植えられています。日本でも広く出回るようになったのは1991年頃に中国から苗木とタネが大量に輸入されてからです(それまでも少量ずつ苗木の輸入はされていました)。
IMG_5990a_edited-2.jpg
IMG_5994a_edited-2.jpg
IMG_6016a_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br /><br /></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Aki

Author:Aki
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

おきてがみ!


性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。 趣味は写真のほか、音楽(ジャズ) 、歌舞伎、旅行(海外・国内問わず) 、スポーツ(するのがゴルフ・水泳、見るのがサッカー・野球・大相撲)です。
Sex: Man
The metropolis and districts: Kawasaki-shi, Kanagawa
Self-introduction
With a digital single-lens reflex camera, I take a scenery photograph at will. A hobby is music (jazz), Kabuki, a trip (regardless of foreign countries, the country), sports other than a photograph (it golfs to do and swims, and looking soccer, baseball, the Grand Sumo Tournament).

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
コラブロ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

■ ブログ名:気まぐれPhoto Album

■ ブログ名:Release the shutter!