fc2ブログ

鎌倉の梅⑩!

長谷寺(鎌倉市長谷 3-11-2)④!
地蔵堂!
下の境内より階段を上ると、その中段奥に見えるのが地蔵堂です。 当山に帰依する信者の方々の発願により建立されました。その後、堂宇の老朽化に伴い平成15年に再建されたのが現在の地蔵堂です。
鎌倉では例の少ない扇垂木の屋根が特徴です!
IMG_1443_edited-1_20190331053928769.jpg
福壽地蔵!
IMG_1443a_edited-1.jpg
観音堂!
IMG_1446_edited-1.jpg
阿弥陀堂!
IMG_1447_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_1448_edited-1.jpg
観音ミュージアム!
IMG_1450_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1455_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



鎌倉の梅⑨!

長谷寺(鎌倉市長谷 3-11-2)③!
境内の白梅・紅梅!
IMG_1414_edited-1.jpg
放生池!
IMG_1415_edited-1.jpg
IMG_1419_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1420_edited-1.jpg
良縁地蔵!
IMG_1442_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅⑧!

長谷寺(鎌倉市長谷 3-11-2)②!
妙智池周辺!
IMG_1410_edited-1.jpg
IMG_1413_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1413a_edited-1.jpg
IMG_1413b_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1413c_edited-1.jpg
IMG_1413d_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅⑦!

長谷寺(鎌倉市長谷 3-11-2)①!
鎌倉の長谷寺は、日本最大級の(9,18メートル)十一面観音菩薩像を本尊とする浄土宗(単立)の寺。創建は天平8年(736年)開基は藤原房前。聖武天皇の御代より勅願所として定められる!
IMG_1400_edited-1_20190327092758f66.jpg
山門!
大きな提灯と「門かぶりの松」が皆様をお迎えします。親柱は直径40センチもある四脚門で、鎌倉市内の四脚門では建長寺、円覚寺、妙本寺に次ぐ大きさです!
IMG_1402_edited-1.jpg
IMG_1403_edited-1_201903270928024f6.jpg
紅梅・白梅の梅が満開です!
IMG_1404_edited-1.jpg
IMG_1405_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1408_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅⑥!

江ノ電腰越駅をでると、小動交差点に出ます!
IMG_1340_edited-1_20190326090859715.jpg
小動交差点の右側は、海岸線が広がっています。小さな港には、魚船がつながれています。
IMG_1341_edited-1_20190326090901130.jpg
IMG_1341b_edited-1.jpg
IMG_1357_edited-1.jpg
IMG_1357a_edited-1.jpg
ワカメが干されていました!
IMG_1360_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1357b_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅⑤!

小動神社(鎌倉市腰越2-9-12)!
腰越駅のすぐ近く、海に突き出た爽やかな小動山に建つ小動神社。かつて風なくても美しくゆらぐ松があったことから小動(こゆるぎ)と名がついたという風情ある場所です。源頼朝に使えた佐々木盛綱が1185年に創建しました。「小動」と書いて「こゆるぎ」と読みます。江ノ電腰越駅徒歩すぐ、小動山に建つお社です。腰越駅で降りれば近いですが、余裕があれば稲村ケ崎で降りて、新田義貞の徒歩伝説がある稲村ケ崎海浜公園を散策して、海岸か海沿いの歩道を歩いて行くのも気持ちのよいルートです!
IMG_1317_edited-1_2019032410561109f.jpg
手水舎!
IMG_1320a_edited-1.jpg
IMG_1320b_edited-1.jpg
本堂!
IMG_1340_edited-1.jpg
金比羅宮と稲荷社!
IMG_1341_edited-1.jpg
海神社(わたつみ)!
IMG_1342_edited-1.jpg
第六天社!
IMG_1342a_edited-1.jpg
神輿!
IMG_1348a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1351_edited-1.jpg
IMG_1352_edited-1.jpg
IMG_1353_edited-1.jpg
展望台!
IMG_1343_edited-1.jpg
IMG_1344_edited-1.jpg
展望台からの景色!
IMG_1344b_edited-1.jpg
IMG_1344c_edited-1.jpg
IMG_1345_edited-1.jpg
河津さくら!
IMG_1403_edited-1.jpg
玉縄さくら
IMG_1359_edited-1.jpg
水仙!
IMG_1400_edited-1.jpg
白梅!
IMG_1401_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅④!

満福寺(鎌倉市腰越2-4-8)!
鎌倉でも最も古い寺院のひとつ。義経が腰越状を書いた歴史的寺院。平家打倒の立役者でありながら、兄・頼朝の怒りを買って鎌倉入りを許されなかった義経が滞在したのが満福寺です。このお寺さんで義経は腰越状を書きました。また、満福寺は鎌倉でも最も古い寺院のひとつです!
IMG_1307a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1307aa_edited-1.jpg
山門!
IMG_1307c_edited-1.jpg
本堂!
IMG_1309_edited-1.jpg
腰越状(義経と弁慶)!
IMG_1313_edited-1.jpg
目の前を江ノ電が・・・。
藤沢方面!
IMG_1307_edited-1_20190323064919c16.jpg
鎌倉方面!
IMG_1306_edited-1_2019032306491771d.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅③!

龍口寺(藤沢市片瀬3-13-37)!
由来
龍の口刑場の東隣に龍口寺があった。日蓮宗の大きな寺である。文永八年(1271)に日蓮上人は捕らえられて、9月12日に処刑される事となった。日蓮上人が首切りの座に据えられた時、にわかに雷鳴が轟き、刑吏が振り上げて刀を感電して折れてしまった。処刑は不首尾に終わった。そこえ北条時宗の使者がきて処刑は中止、佐渡への流罪になった。この地は日蓮法難の霊蹟であり、中老の日法はこの霊蹟を保護する為にここに草庵を結んだ。延元ニ年(1337)自ら刻んだ日蓮像を安置する寺を創建した。のち六老僧(日朗、日昭、日興、日向、日頂、日持)らが協力して、延文二年(1357)に豪荘な伽藍の大寺を建立したのである
IMG_1220_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1222_edited-1.jpg
手水舎!
IMG_1222a_edited-1.jpg
御霊窟!
IMG_1239_edited-1_20190322151920421.jpg
大本殿!
天保3年(1832)建立。欅造り銅版葺。間口12間・奥行き15間。神奈川県の代表的な木造大建築物で、正面には中老僧日法聖人作の日蓮聖人像が安置されている!
IMG_1246_edited-1_2019032215192182a.jpg
IMG_1251_edited-1_2019032215192339e.jpg
IMG_1253_edited-1_20190322151924b5b.jpg
IMG_1254_edited-1_2019032215192605a.jpg
IMG_1257_edited-1.jpg
仏舎利!
昭和45年建立。内部に釈尊の御真骨を安置する。この場所は高台にあり目の前に江の島や相模湾を望む!
IMG_1258_edited-1.jpg
五重塔!
五重塔は明治43年(1910)建立。欅造り銅版葺。彫刻は一元安信。神奈川県唯一の本式木造五重塔で、大本堂とともに「神奈川建築物百選」に選定されている!
IMG_1276_edited-1.jpg
河津桜!
IMG_1282a_edited-1.jpg
IMG_1287_edited-1.jpg
水仙!
IMG_1293_edited-1.jpg
IMG_1294_edited-1_20190322152833b04.jpg
IMG_1296_edited-1_20190322152834041.jpg

応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅②!

常立寺(藤沢市片瀬3-14-3)②!
しだれ梅!
IMG_1199_edited-1_201903210935198c4.jpg
IMG_1200_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1210_edited-1_20190321093522179.jpg
IMG_1210b_edited-1.jpg
IMG_1211_edited-1.jpg
IMG_1214a_edited-1.jpg
IMG_1215_edited-1.jpg
IMG_1217_edited-1_20190321093530baa.jpg
IMG_1217a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉の梅①!

鎌倉の梅を求めて散策してまいりました(2019、2、26)。まずは鎌倉に近い、しだれ梅で有名な常立寺です。
常立寺(藤沢市片瀬3-14-3)①!
由来(鎌倉ぶらぶらより)!
常立寺は今は、日蓮宗の寺であるが、元は真言宗の寺であった。近くの瀧ノ口の刑場で処刑された刑死者を弔う為に出来た寺であった。文永11年(1274)10月蒙古の王・クビライは3万3千隻の船で対馬・隠岐を襲い、19日には博多湾に上陸をした。日本軍はたちまち敗走したが、台風により蒙古軍の船が難破し1万余りの兵が水死し、蒙古軍は引き上げていった(文永の役)。鎌倉幕府は蒙古の再来を恐れて腐心をしていた。建冶元年(1275)4月蒙古の国使・杜世忠ら5人が長門国(山口県)にやって来た。そして9月に鎌倉に到着した。蒙古は降服を要求したが、時の執権・北条時宗は蒙古の国使5人を9月7日に滝の口刑場で斬った。死骸はこの常立寺に埋葬され、ここに5基の五輪塔が建ったのである。元使五人塚と言う。その6年後、弘安4年(1281)5月に蒙古は兵力14万、軍船4400隻で再来したが、再び台風に襲われ、蒙古軍10万人が水死。こうして北条時宗は日本の国難を切り抜けることが出来た。
参道!
IMG_1188_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1190a_edited-1.jpg
山門!
IMG_1191_edited-1_201903200921584bd.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_1192_edited-1.jpg
六地蔵!
IMG_1193_edited-1.jpg
IMG_1194_edited-1.jpg
本堂!
本尊・一塔両尊が安置されている!
IMG_1195_edited-1_20190320092154f2f.jpg
元使塚!
五輪塔に青い布が巻かれている事がわかる。(青はモンゴルで英雄を意味する色)!
IMG_1195a_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_1210a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(27)!

鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2-1-31)④!
三の鳥居!
IMG_7826_edited-1.jpg
段葛!
政子の安産を祈願して造られた参道で、若宮大路(史跡)の中心部となります!
IMG_7829_edited-1.jpg
IMG_7834_edited-1.jpg
IMG_7839_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7840_edited-1.jpg
IMG_7841_edited-1.jpg
二の鳥居!
IMG_7846_edited-1.jpg
 二の鳥」前の狛犬は、昭和36年に奉納された白色セメント造!
IMG_7850_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(26)!

鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2-1-31)③!
参道!
IMG_7801_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7804_edited-1.jpg
IMG_7805_edited-1.jpg
三の鳥居!
IMG_7807_edited-1.jpg
太鼓橋!
IMG_7809_edited-1.jpg
三の鳥居!
IMG_7811_edited-1_20190318054829da7.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(25)!

鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2-1-31)②!
上宮!
IMG_7773_edited-1_20190317111113da0.jpg
大石段をのぼると舞殿が目の前に・・・。
IMG_7778_edited-1.jpg
大石段と上宮!
IMG_7772_edited-1_20190317111112960.jpg
舞殿と上宮!
IMG_7784_edited-1_20190317111116ac7.jpg
舞殿!
IMG_7793_edited-1.jpg
舞殿!
静御前が義経を慕い、心を込めて舞った若宮廻廊跡に建ち、下拝殿とも言います!
IMG_7798_edited-1.jpg
手水舎!
IMG_7800_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(24)!

鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2-1-31)①!
康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。
鎌倉国宝館!
IMG_7756_edited-1.jpg
白幡神社手水舎!
IMG_7758_edited-1.jpg
白幡神社!
IMG_7759_edited-1.jpg
由比若宮遙拝所!
八幡宮の元宮である由比若宮(材木座に鎮座)をここからお参りするところです!
IMG_7760_edited-1.jpg
鶴亀石!
水で洗えば鶴亀のような輝きを出すと伝えられる名石です!
IMG_7761_edited-1.jpg
IMG_7762_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7765_edited-1.jpg
IMG_7767_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(23)!

荏柄天神社(鎌倉市二階堂74)①!
IMG_7726_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7727_edited-1.jpg
山門!
IMG_7728_edited-1.jpg
IMG_7733_edited-1.jpg
IMG_7733a_edited-1.jpg
手水舎!
IMG_7733b_edited-1.jpg
本堂!
荏柄天神社は学業成就で有名な鎌倉学問の神様菅原道真を祀る神社で、かつては荏柄山天満宮とも称されました。1104年 (長治元年)創建。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮とともに日本三大天神とされています!
IMG_7736a_edited-1.jpg
IMG_7736b_edited-1.jpg
かっぱ筆塚!
IMG_7737_edited-1_20190316090405fa6.jpg
絵筆塚!
IMG_7740_edited-1.jpg
IMG_7744_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(22)!

瑞泉寺(鎌倉市二階堂710)⑤!
花々!
冬桜!
IMG_7672_edited-1_20190315142320f93.jpg
IMG_7672a_edited-1.jpg
IMG_7674_edited-1.jpg
スイセン!
IMG_7680_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7679_edited-1.jpg
梅の古木!
IMG_7691_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)(21)!

瑞泉寺(鎌倉市二階堂710)④!
庭園!
夢窓国師が作庭した庭園で、昭和に入ってから発掘されたものです。「貯清池」の向かって左側に、橋が二つありますが、この先は錦屏山の頂上の「徧界一覧亭」に続きます。このルートは一般には公開されていませんが、富士山を正面に臨む夢窓国師お気に入りの素晴らしい景色だそうです!
IMG_7684_edited-1.jpg
正面の大きな洞窟は「天女洞」といい、水月観の道場とされています!
IMG_7685_edited-1.jpg
庫裡!
ここで御朱印をいただけます!
IMG_7687_edited-1.jpg
IMG_7695_edited-1_201903141629080c9.jpg
IMG_7696_edited-1.jpg
IMG_7698_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7700_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑳!

瑞泉寺(鎌倉市二階堂710)③!
本堂!
IMG_7665_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7669a_edited-1.jpg
IMG_7667a_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_7667_edited-1.jpg
地蔵堂!
どこもく地蔵様が安置されているお堂です!
IMG_7683_edited-1_20190314064829aef.jpg
どこもく地蔵!
IMG_7683a_edited-1.jpg
南芳庵!
IMG_7666_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑲!

瑞泉寺(鎌倉市二階堂710)②!
参道!
IMG_7653_edited-1.jpg
IMG_7654_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7656_edited-1.jpg
山門!
IMG_7659_edited-1.jpg
IMG_7661_edited-1.jpg
手水舎!
IMG_7663_edited-1.jpg
灯ともせば仏もゐます寒夜かな 湘海
IMG_7664_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑱!

瑞泉寺(鎌倉市二階堂710)①!
瑞泉寺は、嘉暦2年(1327)鎌倉幕府重臣二階堂道蘊が夢窓疎石を開山として創建したお寺。鎌倉随一の花の寺。境内は早春の梅や水仙から季節ごとに様々な花で彩られる。
IMG_7633_edited-1_201903130721290d3.jpg
IMG_7635_edited-1_201903130721311b7.jpg
IMG_7639_edited-1_20190313072133303.jpg
IMG_7641_edited-1_201903130721350c9.jpg
IMG_7642_edited-1_2019031307213659f.jpg
IMG_7642a_edited-1.jpg
IMG_7643_edited-1_201903130721381b9.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7646_edited-1_20190313072128c63.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑰!

永福寺跡(鎌倉市二階堂)④!
全景!
IMG_7625_edited-1.jpg
IMG_7620_edited-1_20190312095130f25.jpg
IMG_7628_edited-1.jpg

IMG_7621_edited-1.jpg
IMG_7622_edited-1_2019031209513311b.jpg
IMG_7626_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7623_edited-1.jpg
IMG_7627_edited-1_20190312095138dd6.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑯!

永福寺跡(鎌倉市二階堂)③!
北複廊!
IMG_7605_edited-1_20190311105105432.jpg
IMG_7607_edited-1.jpg
薬師堂!
IMG_7608_edited-1.jpg
IMG_7610_edited-1.jpg
釣殿!
IMG_7611_edited-1.jpg
IMG_7613_edited-1.jpg
遺水!
IMG_7614_edited-1.jpg
IMG_7616_edited-1_20190311105116113.jpg
北翼廊・北中門!
IMG_7617_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7619_edited-1_20190311105118bd2.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑮!

永福寺跡(鎌倉市二階堂)②!
南翼廊。南中門!
IMG_7591_edited-1.jpg
IMG_7593_edited-1.jpg
阿弥陀堂!
IMG_7594_edited-1_201903101006229d0.jpg
IMG_7596_edited-1_20190310100623910.jpg
南複廊!
IMG_7597_edited-1.jpg
IMG_7599_edited-1_2019031010062656d.jpg
二階堂!
IMG_7600_edited-1_201903101006289c5.jpg
IMG_7602_edited-1_20190310100629316.jpg
堂前の池と橋!
IMG_7603_edited-1_201903101006312ee.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7604_edited-1_20190310100617b32.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑭!

永福寺跡(鎌倉市二階堂)①!
由来!
源頼朝は鎌倉に3つの大きな寺院を建立した。一つ目は鶴岡八幡宮、二つ目は勝長寿院、三つ目は永福寺である。現在、残っているのは鶴岡八幡宮だけで後の2つは焼失してしまった。この地は周辺約9万平方メートルは源頼朝が建立した永福寺の跡で、国指定史跡に指定されている。この寺は、源義経や藤原泰衡を初め、奥州合戦の戦没者の慰霊の為に建てられた寺で、文治5年(1189)12月に工事を着手した。頼朝が奥州・藤原一族を征討した際、平泉中尊寺の二階大堂(大長寿院)のすばらしさに心をうたれ、それを模して建てた永福寺であった。二階の堂があった為「二階堂」と呼ばれ、付近一帯の地名にもなった。堂は左右対称に配置され、二階堂を中心に北側に薬師堂、南側に阿弥陀堂が配され、東を正面にした全長が南北230mの大伽藍であった。また、前面には、南北200m以上の池が作られていた。応永12年(1405)に焼失してしまったが、二階堂という地名だけが残っている。
永福寺跡の碑!
IMG_7581a_edited-2.jpg
鎌倉市は、永福寺を保存し後世に伝えるために、土地の所有者だった鎌倉宮や民間から買取り。100%の市有地化をめざし、現在8割強まで漕ぎつけている。そして、1983(昭和58)年から15年間かけた発掘調査の成果により、壮麗な二層の本堂の両脇に阿弥陀堂と薬師堂を配置し、お堂の前には大きなひょうたん型の池が広がる大寺院の姿が浮かび上がって来た。
IMG_7584_edited-1.jpg
永福寺跡復元CG!
IMG_7585_edited-1.jpg
IMG_7582_edited-1.jpg
IMG_7583_edited-1.jpg
中島!
IMG_7586_edited-1.jpg
IMG_7589_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7590_edited-3.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑬!

鎌倉宮(鎌倉市二階堂154)!
鎌倉宮(かまくらぐう)は、 神奈川県鎌倉市二階堂にある神社である。 護良親王(もりながしんのう)を祭神とする。 建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣中社。 神社本庁の包括下には当初より入っていない単立神社。別名 大塔宮(おおとうのみや、またはだいとうのみや!
IMG_5142_edited-1_20190308141043a52.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_5143_edited-1_20190308141045295.jpg
厄割り石
IMG_5145_edited-1_20190308141046260.jpg
水利舎!
IMG_5146_edited-1_20190308141048758.jpg
IMG_5147_edited-1_20190308141049b4e.jpg
本堂!
IMG_5148_edited-1_2019030814105146f.jpg
IMG_5150a_20190308141053d78.jpg
身代わりさま!
IMG_5151_edited-1_20190308141054c6d.jpg
河津桜!
入口の左側に鳥居の下に河津桜が咲いていました!
IMG_7578_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑫!

杉本寺(鎌倉市二階堂903)②!
開伽水!
IMG_7543番地_edited-1
本堂!
IMG_7544_edited-1.jpg
IMG_7545a_edited-1.jpg
IMG_7545c_edited-1.jpg
杉本寺の上にはかつて杉本城がありました。南朝の北畠顕家に攻められ自害した斯波家長とその家臣たちの供養塔です!
IMG_7547_edited-1.jpg
本堂右手の御地蔵様!
IMG_7548_edited-1.jpg
鐘楼!
IMG_7553_edited-1_20190306233559b23.jpg
杉本寺からの眺望!
IMG_7562_edited-1.jpg
IMG_7564_edited-1_201903062336028a4.jpg
IMG_7566_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7567_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑪!

杉本寺(鎌倉市二階堂903)①!
鎌倉最古のお寺さんです。鎌倉幕府が開かれる遥か昔、734年にあの行基が自ら刻んだ十一面観音とともに建立されました。本堂に安置された仏像群は鎌倉随一の圧倒的な凄みを持ち、本堂へと上がる急勾配の階段は長い歴史を刻んでいます。
IMG_7524_edited-1_201903052201459b8.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7525a_edited-1.jpg
IMG_7525b_edited-1.jpg
仁王門!
IMG_7526_edited-1.jpg
仁王門!
運慶作の仁王像安置されています!
IMG_7527_edited-1.jpg
運慶作の仁王像。心中の煩悩を睨みつけられているようです!
IMG_7529_edited-1_201903052201526ae.jpg
もう一体。こちらも運慶作の仁王像!
IMG_7530_edited-1_2019030522015426a.jpg
苔むす石段!
あまりに長い年月を経て削られた石段。現在はこの石段を登ることはできません!
IMG_7534_edited-1_201903052201577f2.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7542_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑩!

浄妙寺(鎌倉市浄明寺3-8-31)②!
石窯ガーデンテラス(鎌倉市浄明寺3-8-50 浄妙寺境内)!
IMG_7471_edited-1.jpg
IMG_7473_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7475_edited-1.jpg
IMG_7477_edited-1.jpg
IMG_7480a_edited-1.jpg
ランチをいただきました。美味でした!
サラダ&石窯パン!
IMG_7485_edited-1.jpg
パスタ!
IMG_7487_edited-1.jpg
コーヒー!
IMG_7489_edited-1_20190304142817807.jpg

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑨!

浄妙寺(鎌倉市浄明寺3-8-31)①!
山門!
IMG_7459_edited-1.jpg
由来!
淨妙寺は臨済宗建長寺派の古刹。鎌倉五山の第五位で、文治四年(1188)に、源頼朝の忠臣で豪勇であった足利義兼が開創し,始めは極楽寺と称した。開山は退耕行勇と伝えられる。行勇は、はじめ真言密教を学んだが栄西の門下に入り臨済禅を修めた。源頼朝や政子、実朝も帰依した高僧である。至徳3年(1386)室町将軍・足利義満が五山の制度を定めた頃は七堂伽藍が完備し,塔頭23院を数える大寺院であったが火災などのために衰退し,現在は総門,本堂,客殿,庫裡だけ残っている。足利尊氏の父・貞氏が中興開基で墓地に貞氏の墓と伝えられる宝篋印塔がある。本尊は釈迦如来で、境内は国の指定史跡となっている
IMG_7460_edited-1_20190303143159d1c.jpg
IMG_7462_edited-1.jpg
本堂!
IMG_7465_edited-1.jpg
IMG_7466_edited-1.jpg
IMG_7466a_edited-1.jpg
喜泉庵!
枯れ山水を眺めながら抹茶が飲める(有料)!
IMG_7467_edited-1.jpg
喜泉庵の庭!
IMG_7468_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7469_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

鎌倉散策(金沢街道・二階堂)⑧!

報国寺(鎌倉市浄明寺2-7-4)⑥!
竹の庭④!
IMG_7435a_edited-1.jpg
IMG_7435b_edited-1.jpg
IMG_7438_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_7460_edited-1.jpg
枯山水の庭園!
竹の庭の奥にある枯山水の庭園。息をのむ美しさに心癒されます♪玉砂利を敷き詰めたこのお庭は、春はサンシュユ、初秋のハゲイトウが美しく見頃です。
IMG_7458_edited-1.jpg
足利氏のやぐら!
報国寺の開基である足利家時や永享の乱で自刃した足利義久のものだと考えられている。やぐらの中には多数の五輪塔が置かれている。
IMG_7463_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記