fc2ブログ

北鎌倉散策⑲!

円覚寺⑭!
帰源院・・・臨済宗円覚寺派。永和四年(1378)創建された。円覚寺38世傑翁・仏恵禅師の塔所(高僧の墓所)。仏恵禅師は淨智寺の住職もつとめた。境内には作家・夏目漱石は明冶27年の年末から翌年の初めに掛けて参禅。この時の体験を「門」に書いている。(一般参観不可)「山門を入ると、左右には大きな杉があって、高く空を遮っているために、路が急に暗くなった。その陰気な空気に触れた時、宗助は世の中と寺の中との区別を急に覚った。静かな境内の入口に立った彼は、始めて風邪を意識する場合に似た一種の寒気を催した」
山門!
IMG_3461_edited-1.jpg
境内・・・左側の建物が本堂!
IMG_3463_edited-1.jpg
境内!
IMG_3464_edited-1.jpg
IMG_3466_edited-1.jpg
山門入口左には「鎌倉 漱石の会」の看板もありました。毎年4月29日、漱石の命日に「漱石の会」を催している!
IMG_3470_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



北鎌倉散策⑱!

円覚寺⑬!
弁天堂茶屋から富士山がうっすらと、見ています!
IMG_3438_edited-1.jpg
弁天堂茶屋から東慶寺の境内!
IMG_3441_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑰!

円覚寺⑫!
弁天堂茶屋!
IMG_3445_edited-1.jpg
IMG_3446_edited-1.jpg
IMG_3447_edited-1.jpg
ぜんざいをいただきました!
IMG_3449_edited-1.jpg
弁天茶屋からの東慶寺全景も見えます!
IMG_3450_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑯!

円覚寺⑪!
洪鐘・弁天堂へ上る。
IMG_3431_edited-1.jpg
弁天堂・・・執権・北条貞時(時宗の子)が1301年、江ノ島弁財天に7日7夜参籠し、天下泰平を祈った際、霊夢を感じ洪鐘(おおがね)を鋳造・寄進した。あわせて弁天堂を建立し当山の鎮守とした。洪鐘は物部国光の作、鎌倉第一の大鐘で国宝に指定されている。
IMG_3432_edited-1.jpg
IMG_3433_edited-1.jpg
洪鐘は正安3年(1301)執権北条貞時が命じ物部国光が鋳造しました。高さ259.5cm,口径142cm,で鎌倉で最大で国宝に指定されています。
IMG_3434_edited-1.jpg
IMG_3435_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑮!

円覚寺⑩!
黄梅院・・・第十五世夢窓疎石(夢窓国師)の塔所。本尊:千手観音菩薩。1354年(文和3年)、門弟の方外宏遠(ほうがいこうえん)が開創した。八代執権北条時宗の菩提を弔うため覚山尼の建てた華厳塔があった場所。
山門!
IMG_3382_edited-1.jpg
境内!
IMG_3387_edited-1.jpg
本堂!
IMG_3388_edited-1.jpg
聖観音堂!
IMG_3391_edited-1.jpg
庭園!
IMG_3392_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑭!

円覚寺⑨!
仏日庵・・・臨済宗円覚寺派。本尊は地蔵菩薩。弘安七年(1284)に没した八代執権・北条時宗の廟所として建立された。時宗の子・九代執権貞時、孫の十四代執権・高時も合葬されている
IMG_3368_edited-1.jpg
IMG_3378_edited-1.jpg
IMG_3379_edited-1.jpg
IMG_3380_edited-1.jpg
白鹿洞・・・仏日庵の門前,道を挟んだところに「白鹿洞」といわれている小さな洞窟があります。円覚寺の落慶開堂の日,無学祖元の説法が始まると白い鹿の一群が現れ話しに耳をかたけたと伝えられています。その鹿の一群はこの洞窟から現れたといいます。円覚寺の山号の「瑞鹿山」はこの話を元に決まったと伝えられています。
IMG_3381_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑬!

円覚寺⑧!
円覚寺の中にある幼稚園が正続院(仏舎利殿)で餅つきをしていました!
IMG_3357_edited-1.jpg
IMG_3364_edited-1.jpg
IMG_3365_edited-1.jpg
IMG_3366_edited-1.jpg
IMG_3367_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑫!

円覚寺⑦!
境内!
IMG_3345_edited-1.jpg
IMG_3346_edited-1.jpg
IMG_3347_edited-1.jpg
IMG_3348_edited-1.jpg
妙香池!
IMG_3356_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑪!

円覚寺⑥!
方丈・・・本来は住職の居間であるわけですが、現在は各種法要の他、坐禅会や説教会、夏期講座等の講演会や秋の寶物風入など、多目的に使われています。
IMG_3333_edited-1.jpg
IMG_3336a_edited-1.jpg
IMG_3337_edited-1.jpg
IMG_3340_edited-1.jpg
IMG_3341_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑩!

円覚寺⑤!
IMG_3312_edited-1.jpg
IMG_3326_edited-1.jpg
IMG_3330_edited-1.jpg
IMG_3332_edited-1.jpg
IMG_3317_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑨!

円覚寺④!
居士林・・・在家修行者の為の専門道場です。「居士」とは、在家の禅の修行者を指します。
IMG_3305_edited-1.jpg
IMG_3306_edited-1.jpg
IMG_3307_edited-1.jpg
IMG_3307a_edited-1.jpg
IMG_3310_edited-2.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑧!

円覚寺③!
仏殿・・・ 円覚寺の仏殿(大光明宝殿)は、1964年(昭和39年)に再建された鉄筋コンクリート造の建物。もとの仏殿は1923年(大正12年)の関東大震災で倒潰し、その40年後に再建された。禅宗様の建築様式で、本尊は宝冠釈迦如来坐像。
IMG_3298_edited-1.jpg
本尊の宝冠釈迦如来坐像!
IMG_3299_edited-1.jpg
天井画・・・仏殿の天井画は、前田青邨監修、守屋多々志揮毫の「白龍の図」!
IMG_3300_edited-1.jpg
IMG_3301_edited-1.jpg
IMG_3302_edited-1.jpg
IMG_3303_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑦!

円覚寺②!
山門(三門)・・・円覚寺の山門(三門)は、夏目漱石の『門』にも描かれた。楼上には十一面観音、十二神将、十六羅漢像が安置されている。現在の山門は、天明年間(1781~89年)、第189世誠拙周樗によって再建されたもの。山門は「三門」とも呼ばれ、三解脱門の略。涅槃に至るまでに通過しなければならない三つの関門、空・無相・無願を表す。
IMG_3287_edited-1.jpg
IMG_3291_edited-1.jpg
IMG_3289_edited-1.jpg
IMG_3292_edited-1.jpg
IMG_3297_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑥!

円覚寺①!
鎌倉五山第二位の円覚寺は、鎌倉幕府八代執権・北条時宗が弘安五年(1282)に創建した臨済宗・円覚寺派総本山である。文永・弘安の役で蒙古の大軍を撃破した時宗は、両軍戦死者の菩提を弔い、己の精神的支柱となった禅宗を広めたいと願い、その師・無学祖元(仏光国師)への報恩の念から、祖元を開祖に円覚寺を建立した。
IMG_3280_edited-1.jpg
総門!
IMG_3282_edited-1.jpg
IMG_3282a_edited-1.jpg
IMG_3283_edited-1.jpg
山門(三門)!
IMG_3284_edited-1.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策⑤!

明月院⑤!
境内!
IMG_3252_edited-1.jpg
IMG_3253.jpg
IMG_3250_edited-1.jpg
IMG_3249_edited-1.jpg
IMG_3265_edited-1.jpg
IMG_3255_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策④!

明月院④!
開山堂(宗猷堂)・・・このお堂は禅興寺隆盛時代(1380年頃)明月院境内の中に建立されていた宗猷堂(そうゆうどう)を後に開山堂としたものである!
IMG_3231_edited-1.jpg
瓶の井(釣瓶の井)・・・鎌倉十井の一つ。岩盤を垂直に掘り貫いて造ったとみられ、その内部が水瓶のようにふくらみがあることから「瓶の井(かめのい)」と呼ばれ、鎌倉十井の中でも現在使用できる井戸としては数少ない貴重な存在である。鎌倉十井とは、江戸時代、水質があまり良くなかった鎌倉の地において、数多くある井戸の中でも良質の水が湧いたと伝えられる十の井戸(説明板より)!
IMG_3233_edited-1.jpg
明月院やぐら(羅漢洞)・・・「やぐら」は中世鎌倉時代特有の洞窟墳墓である。開口七メートル、奥行六メートル、高さ三メートルで、鎌倉市現存の最大級である。
壁面中央には釈迦如来・多宝如来の二仏と両側に十六羅漢を浮き彫りにし、中央に明月院中興開基、上杉憲方公をまつる宝篋印塔、その前には禅宗様式を表わした香炉が安置されている。
このやぐらは、もともと、永暦元年(1160年)平治の乱、京都で戦死したこの地の豪族、山ノ内俊道の菩提供養の為に子供である山ノ内経俊によって造られたと伝えられ、その約二百二十年後に上杉憲方が生前に自から墓塔を建立したと伝えられるが、凝灰岩質であるために風化が著しく、それらの彫成年代は明確ではなく今後の解明が待たれる。
上杉憲方公は上杉重房公の四代目の曾孫で山ノ内上杉家の祖。憲方公の子孫の憲政の時、北条氏康との戦に敗れ越後の長尾景虎を頼り上杉の家名をゆずった。長尾景虎は後の戦国時代の武勇、上杉謙信である(説明板より)!
IMG_3235_edited-1.jpg
IMG_3241_edited-1.jpg
IMG_3245_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策③!

明月院③!
方丈(本堂)!
IMG_3219_edited-1.jpg
方丈前の枯山水庭園!
IMG_3220_edited-1.jpg
明月院方丈の円窓!
IMG_3222_edited-1.jpg
IMG_3225_edited-1.jpg
IMG_3229_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策②!

明月院②!
鎌倉石の参道!
IMG_3258.jpg
IMG_3196_edited-1.jpg
IMG_3216.jpg
IMG_3217_edited-1.jpg
IMG_3264.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策①!

北鎌倉へ行ってきました(2013年12月17日)。ところどころ紅葉が残っていました。
まずは、明月院へgo!
IMG_3187_edited-1.jpg
総門!
IMG_3188_edited-1.jpg
茶室・月笑軒!
IMG_3189_edited-1.jpg
北条時頼公廟所!
IMG_3191_edited-1.jpg
IMG_3195_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

稲村ヶ崎散策③!

稲村ヶ崎のサーファー!
稲村ヶ崎の富士山が見える反対側の海岸でサーファーが盛んにでんぐり返りの練習をしていました。何回も何回も・・・、うまく出来ません。相当の頑張り屋さんです。うまく出来ることを祈っております。
IMG_2255_20210111070517392.jpg
IMG_2259_20210111070518a33.jpg
IMG_2260_20210111070519086.jpg
IMG_2261_202101110705212b3.jpg
IMG_2262_2021011107052250b.jpg
IMG_2263_202101110705248d0.jpg

応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

稲村ヶ崎散策②!

江の島と富士山!
IMG_3897a_edited-1.jpg
江の島!
IMG_3897b_edited-1.jpg
IMG_3898_edited-2.jpg
IMG_3930_edited-2.jpg
IMG_3947_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

稲村ヶ崎散策①!

天気が良いので稲村ヶ崎に行ってきました(2016.1.24)!
DSC06315_edited-1.jpg
IMG_3894_edited-1.jpg
IMG_3894a_edited-1.jpg
IMG_3895_edited-1.jpg
IMG_3897_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑪!

大桟橋からの氷川丸&マリンタワー!
yokohamasansaku53
横浜税関!
横浜税関の「クイーンの塔」、神奈川県庁の「キングの塔」、横浜市開港記念会館の「ジャックの塔」は、横浜三塔と呼ばれ、横浜港のシンボルとして親しまれています。
yokohamasansaku54
みなとみらい!
yokohamasansaku56
みなとみらい!
yokohamasansaku57
みなとみらい!
yokohamasansaku55
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑩!

大桟橋からのみなとみらい③!
yokohamasansaku48
yokohamasansaku49
yokohamasansaku50
yokohamasansaku51
yokohamasansaku52
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑨!

大桟橋からのみなとみらい②!
yokohamasansaku42
yokohamasansaku44
yokohamasansaku45
yokohamasansaku47
yokohamasansaku46
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑧!

大桟橋からのみなとみらい①!
yokohamasansaku37
yokohamasansaku38
yokohamasansaku39
yokohamasansaku40
yokohamasansaku41
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑦!

ロイヤルウイングの出港!
日本で唯一のエンターテイメント&レストラン船「ロイヤルウイング」は、旅客定員630名様を誇る大型客船です。
yokohamasansaku32
yokohamasansaku33
yokohamasansaku34
yokohamasansaku35
yokohamasansaku36
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑥!

飛鳥Ⅱ号の出港!
大きな汽笛とともに離岸、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、湾内へ進んで行きます!
yokohamasansaku29
yokohamasansaku27
yokohamasansaku31
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

横浜散策⑤!

あけましておめでとうございます!
飛鳥Ⅱ号①(所有 郵船クルーズ株式会社)!
性能諸元・・・総トン数( 50,142トン)、 全長( 240.8m)、 全幅( 29.6m)、 全高 (喫水 7.5m)、 機関 ディーゼル電気推進 (37,800kW×4基 2軸 速力 23ノット )、定員 乗客数 (720 ないしは 800名、最大940名)、乗組員数( 約440名)、 その他 客室数 (462室、販売客室数 400室)。シーホースプール飛鳥II(あすかツー)とは、日本郵船の子会社、郵船クルーズが所有・運航している外航クルーズ客船である。2006年2月に売却された「飛鳥」の後継船にあたる。1990年6月、「クリスタル・ハーモニー(Crystal Harmony)」(バハマ船籍)として三菱重工業長崎造船所で竣工・就航。2006年1月に郵船クルーズが本船を買い取り。日本市場向けの改装を施し、2月末よりの習熟航海を兼ねた日本各地でのお披露目を経て、3月17日に正式デビュー。2010年1月時点で、日本籍では最大の客船である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)!
yokohamasansaku22
飛鳥Ⅱ号②!
yokohamasansaku23
飛鳥Ⅱ号③!
yokohamasansaku24
飛鳥Ⅱ号④!
yokohamasansaku25
飛鳥Ⅱ号⑤!
yokohamasansaku26
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記