fc2ブログ

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(68)!

ノイシュヴァンシュタイン城⑥(2009、5,6のRemakeです)!
中庭からの城の後ろ側、マリエン橋!
マリエン橋からのノイシュヴァンシュタイン城が綺麗です。今回は、時間の関係上、行けなかったのが残念です。
noisyubansyutain32
いよいよ、お城内部の見学で、ここからはカメラ・ビデオなどの撮影は禁止です。
noisyubansyutain35
日本語のイヤホーン・ガイドで案内が始まります!
noisyubansyutain34
お城の内部から中庭を望む!
内部の撮影は禁止ですが、お城の外は撮れます!
noisyubansyutain30
お城の内部から中庭を望む!
noisyubansyutain31
パンフレットより
img_9d5667a10c54f9f455f83a026dd0d9ec225106.jpg
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(67)!

ノイシュヴァンシュタイン城⑤(2009、5,6のRemakeです)!
城内の 下の中庭!
正面左手の建物から城内に入るが、入場制限があるためしばらく待たされます!
noisyubansyutain25
城内の 下の中庭!
次の時間まで、皆さんお待ちになっています!
noisyubansyutain26
城内からの城郭!
noisyubansyutain27
城内からの城郭!
建物正面にきれいなフレスコ画が描かれています!
noisyubansyutain28
城内側からの塔!
noisyubansyutain29
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(66)!

ノイシュヴァンシュタイン城④(2009、5,6のRemakeです)!
正門の手前辺りからの眺望①!
noisyubansyutain20
正門の手前辺りからの眺望②!
noisyubansyutain21
ワンちゃんがいました(笑)!
noisyubansyutain22
白亜の城の中で唯一レンガ色した入り口の正門をくぐると、城内の 「下の中庭」 です。
noisyubansyutain23
「下の中庭」に入ったところです。
noisyubansyutain24
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(65)!

ノイシュヴァンシュタイン城③(2009、5,6のRemakeです)!
最初のお土産店が見えてきました。
noisyubansyutain14
暫く行くと・・・お~城だぁ~!お城が見えてきました。
noisyubansyutain13
土産物店とノイシュヴァンシュタイン城!
noisyubansyutain16
目の前にその勇士を見せてくれます!
noisyubansyutain18
ノイシュヴァンシュタイン城!
noisyubansyutain19
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(64)!

ノイシュヴァンシュタイン城②(2009、5,6のRemakeです)!!
登る途中、山側を良く見ると可愛い花々が咲いていました。タンポポはわかりましたが(笑)それ以外は、名前はわかりません、お分かりの方は、教えていただければ幸いです。
noisyubansyutain7
noisyubansyutain8
noisyubansyutain9
noisyubansyutain9
noisyubansyutain10
noisyubansyutain11
noisyubansyutain12
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(63)!

ノイシュヴァンシュタイン城①(2009、5,6のRemakeです)!
いよいよノイシュヴァンシュタイン城見学です。
ノイシュバンシュタイン城の麓のホーエンシュヴァンガウから徒歩で約30分で到着です。 ノイシュバンシュタイン城の見学は言語ごとに分かれたガイドツアーで城の中を回ります。日本語もあります(テープによる解説)。城の中は感動物です!豪華さ、美しさ、もう素晴らしいです。残念ながらカメラでの撮影禁止、1枚も城の中の写真はありません。 緑の木々に囲まれ、整備された道を登って行きます。
noisyubansyutain1
noisyubansyutain2
noisyubansyutain3
noisyubansyutain4
noisyubansyutain5
小雨が降り始めました!
noisyubansyutain6
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(62)!

ミュンヘンからシュバンガウへ⑧(2009、5,6のRemakeです)!
ホーエンシュヴァンガウ城!
ホーエンシュヴァンガウ城(Schloß Hohenschwangau)は、ドイツ、バイエルン州フュッセン近くのホーエンシュヴァンガウにある、マクシミリアン2世により改築された城である。1832年、マクシミリアン2世は12世紀に建設されたが廃墟になっていたシュヴァンシュタイン城を購入した。そして、1853年にマクシミリアン2世は息子のルートヴィヒ2世のためにこの城を改築した。これがホーエンシュヴァンガウ城である。ルートヴィヒ2世は幼年時代をホーエンシュヴァンガウ城で過ごした。この城を含むシュヴァンガウという地名は直訳すると「白鳥の里」の意味であり、この地こそがリヒャルト・ワーグナーの歌劇、ローエングリンで有名な白鳥伝説ゆかりの地であった。こうした地元の伝説にちなみ、ホーエンシュヴァンガウ城には、至る所に中世騎士伝説を描いた壁画が描かれており、「ローエングリン」の壁画も当然そこに含まれている。この城で幼少期を過ごしたルートヴィヒ2世が長じた後、ワーグナーのローエングリンに魅了され、伝説と現実の境界を見失うようになってしまう遠因をここに求める研究者は多い。ホーエンシュヴァンガウ城の近くには、ルートヴィヒ2世が建設したノイシュヴァンシュタイン城がある。提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
syubanngauhe47
ホーエンシュヴァンガウ城!
syubanngauhe48
ホーエンシュヴァンガウ城!
syubanngauhe49
みやげ物店!
syubanngauhe50
みやげ物店!
syubanngauhe51
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(61)!

ミュンヘンからシュバンガウへ⑦(2009、5,6のRemakeです)!
シュバンガウ!
ドイツ、バイエルン州のフュッセンの南方に位置し、現在は、ロマンチック街道の終点として、人気の観光スポットとなっています。近くにルートヴィヒ2世が幼少時代を過ごした、彼の父が所有するホーエンシュヴァンガウ城がある。また、バイエルン王ルートヴィヒ2世により建設されたノイシュヴァンシュタイン城(1874~1886)が街からその勇士を見ることが出来ます。
街並!
syubanngauhe41
街からノイシュヴァンシュタイン城が見えます!
syubanngauhe42
街からノイシュヴァンシュタイン城が見えます!
syubanngauhe43
街からノイシュヴァンシュタイン城が見えます!
syubanngauhe44
街からノイシュヴァンシュタイン城が見えます!
syubanngauhe45
街からのノイシュヴァンシュタイン城!
syubanngauhe46
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(60)!

ミュンヘンからシュバンガウへ⑥(2009、5,6のRemakeです)!
ノイシュヴァンシュタイン城が・・・・!
syubanngauhe36
syubanngauhe37
syubanngauhe38
syubanngauhe39
syubanngauhe40
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(59)!

ミュンヘンからシュバンガウへ⑤(2009、5,6のRemakeです)!
田園風景!
syubanngauhe31
さあ!
syubanngauhe34
見えてきました!
syubanngauhe33
見えてきました!
syubanngauhe32
ノイシュヴァンシュタイン城が・・・・!
今回の旅の目的の一つである、ノイシュヴァンシュタイン城が見えてきました。
山の中にそびえ立つ、おとぎ話に出てきそうな真っ白なお城「ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein) 」。ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったというこの美しいお城は、バイエルン王国の国王ルートヴィッヒ2世(1845~86年)によって建てられました。
syubanngauhe35
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(58)!

ミュンヘンからシュバンガウへ④(2009、5,6のRemakeです)!
田園風景!
syubanngauhe26
syubanngauhe27
syubanngauhe28
syubanngauhe29
syubanngauhe30
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(57)!

ミュンヘンからシュバンガウへ③(2009、5,6のRemakeです)!
田園風景!
syubanngauhe21
syubanngauhe22
syubanngauhe23
syubanngauhe24
syubanngauhe25
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(56)!

ミュンヘンからシュバンガウへ③(2009、5,6のRemakeです)!
田園風景!
syubanngauhe16
syubanngauhe17
syubanngauhe18
syubanngauhe19
syubanngauhe20
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(55)!

ミュンヘンからシュバンガウへ②(2009、5,6のRemakeです)!
田園風景!
syubanngauhe11
syubanngauhe12
syubanngauhe13
syubanngauhe14
syubanngauhe15
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(54)!

ミュンヘンからシュバンガウへ①(2009、5,6のRemakeです)!
ミュンヘン郊外のホテルを出発。しばらくすると、田園風景に変わります。車窓の景色も、菜の花からタンポポへと変わり、どこまでもタンポポが続いていました。
syubanngauhe6
syubanngauhe7
syubanngauhe8
syubanngauhe9
syubanngauhe10
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(53)!

ミュンヘンからシュバンガウへ①(2009、5,6のRemakeです)!
ミュンヘン郊外のホテルに宿泊。翌朝、ホテルから、はるかかなたに雪をかぶったアルプスが見えた、そのアルプスの麓にシュバンガウがある。 シュバンガウは、「白鳥の高原」という意味で、さらに山の麓の高い地区をホーエンシュバンガウという。ホーエンシュバンガウの山上に自分の夢の城を築いた王、バイエルン王、ルートビッヒ2世である。その城こそ、ロマンチック街道のフィナーレを飾るにふさわしいノイシュバンシュタイン城だ。 車窓からの景色は、菜の花からタンポポへと変わり、どこまでもタンポポが続いていました。
ホテルからの眺望!
syubanngauhe1
ホテルからの眺望!
syubanngauhe2
ホテルからの眺望!
syubanngauhe3
ホテルからの眺望!
右側、かすか向こうに雪をかぶったアルプスが見えています。今日はこの麓までバスで移動です。
syubanngauhe4
近代的な街並みもこれが最後です。これからは田園風景がこれでもかと続きます。
syubanngauhe5
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリー海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(52)!

ミュンヘン散策(2009、5,6のRemakeです)!
街並み!
地下鉄入り口!
myuhensannsaku40
広告塔!
myuhensannsaku41

myuhensannsaku42
派手なバス!
myuhensannsaku45
今日の宿泊先は、ミュンヘン郊外のホリディ・イン!
myuhensannsaku46
ホテルの玄関!
myuhensannsaku47
なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリ 海外旅行を御覧ください。
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br>なお、「ドイツロマンチック街道と世界遺産めぐり」の過去の記事を御覧になりたい方は、左側のカテゴリーの海外旅行を御覧ください。</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(51)!

ミュンヘン散策(2009、5,6のRemakeです)!
カールス広場方面!
myuhensannsaku36
myuhensannsaku35
デパート!
myuhensannsaku37
トラム!
myuhensannsaku38
トラム!
myuhensannsaku39
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(50)!

ミュンヘン散策(2009、5,6のRemakeです)!
カールス門!
門自体に見所は余りありませんが、 旧市街の歩行者天国がこの門で終了します。門をくぐると、門の前は広場になっています。地下鉄、路面電車など交通の拠点となっており、ミュンヘン中央駅がすぐ目の前にあります。
myuhensannsaku30
カールス門にある3体の人形!
歩行者天国からカールス門をぬけるとカールス広場があります。その門をくぐる時、3体の人形が見つかります。この3体の人形は、マリエン広場にあった初代魚の泉に設置されていた人形です。戦時中破壊されてしまった泉は今の新しいものに作り直され、その時に人形も新しく作られて用がなくなってしまいました。その後はこの門の下で3人仲良く並んで、多くの人がいきかうのをみまもっています。
myuhensannsaku31
カールス広場!
この広場は王様の名前がつけられたそうです、この王様、人気がなかったようで地元の人たちからはここはシュタフスと呼ばれています。看板などの表記にもかっこ書きで表記されています。
この広場には大きな噴水があり、夏はものすごい水量だそうですが、噴水は、まだ始まっていませんでした。若者の待ち合わせ、観光客の休憩、小さな子供の遊び場になっています。ちょうど、夕方で、勤め帰りのたくさんの人達でいっぱいでした。
myuhensannsaku32
カールス広場!
myuhensannsaku33
カールス広場!
myuhensannsaku34
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(49)!

ミュンヘン散策(2009、5,6のRemakeです)!
ノイハウザー通り②!
myuhensannsaku25
myuhensannsaku26
myuhensannsaku27
myuhensannsaku28
myuhensannsaku29
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(48)!

ミュンヘン散策(2009、5,6のRemakeです)!
ノイハウザー通り①!
ミュンヘン市内の目抜き通り、ノイハウザー通りを散策。ここは昼夜分かたずショッピングや散策の人々が行き交う、さしずめ銀座通りのような楽しい通りです。全長約1.2キロメートル、ほぼ西から東に抜けており、西端はカールス門から始まって、東端は新市庁舎(ファサードにはしかけ時計があって有名)や旧市庁舎のある広場にいたります。
myuhensannsaku20
myuhensannsaku21
myuhensannsaku22
myuhensannsaku23
myuhensannsaku24
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(47)!

ミュンヘンでのディナー(2009、5,6のRemakeです)!
ミュンヘン中心街の歩行者天国イハウザー通りにある老舗のビアーレストラン「アウグスティーナー」です。料理は、ボリューム満点のバイエルン料理。ドイツといえばビール!ミュンヘンで最も歴史の古いビール醸造所であるアウグスティナー自慢のビールを楽しみました。内装の雰囲気もさることながら、サービスにも定評のあるレストランです。
まずはビール!
myuhensannsaku15
スープ(ちょっとピンボケ)!
myuhensannsaku16
メインディシュ(チキンときのこクリームソース)!
myuhensannsaku17
デザート!
myuhensannsaku19
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記