fc2ブログ

京都に行ってきました⑩!

東福寺 (とうふくじ)②(2008年1月28日のremakeです)!
IMG_4610 (1)
IMG_4613_202203300655211de.jpg
IMG_4628_2022033006552237f.jpg
IMG_4608_20220330065518948.jpg
IMG_4640_20220330065523644.jpg
IMG_4642_2022033006552818c.jpg
IMG_4641_20220330065525937.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



京都に行ってきました⑨!

東福寺 (とうふくじ)①(2008年1月28日のremakeです)!
京都市東山区本町にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は聖一国師円爾(しょういちこくし・えんに)である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭(たっちゅう、山内寺院)を有する大寺院である。境内には宋から伝わった「通天モミジ」と呼ばれる三葉楓(葉先が3つにわかれている)など楓の木が多い。もとは桜の木が植わっていたが「後世に遊興の場になる」という理由で伐採され、楓の木が植えられたものである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
IMG_4635_202203290538195aa.jpg
IMG_4629_2022032905382105a.jpg
IMG_4613_20220329053820a0f.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑧!

清凉寺 (せいりょうじ)(2008年1月28日のremakeです)!
京都府京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院。山号を五台山(ごだいさん)と称する。嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。宗派は初め華厳宗、後に浄土宗となる。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は然(ちょうねん)、開山(初代住職)はその弟子の盛算(じょうさん)である。(Wikipediaから引用)
IMG_4503_20220327064427f2f.jpg
IMG_4492_202203270644245c5.jpg
IMG_4489_20220327064421361.jpg
IMG_4498_20220327064425c8a.jpg
IMG_4491_20220327064422b9a.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑦!

祇王寺(2008年1月28日のremakeです)!
『平家物語』に登場する祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院。美しい青竹やカエデに覆われ、一面の苔に包まれた庭園と、わら葺の庵が趣深いたたずまい。またここには、祇王をはじめ母の刀自(とじ)、妹の祇女(ぎにょ)、仏御前、清盛の木像が安置されており、はるか昔の物語を彷彿とさせる雰囲気が漂う。
IMG_4458_202203260644559b9.jpg
IMG_4459_202203260644560b2.jpg
IMG_4461_20220326064457bb6.jpg
IMG_4476_202203260644537d2.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑥!

二尊院(2008年1月28日のremakeです)!
釈迦如来と阿弥陀如来のふたつの仏像を本尊とするため二尊院と呼ばれる。
IMG_4435_20220324140538921.jpg
IMG_4438_20220324140539813.jpg
IMG_4440_20220324140541e49.jpg
IMG_4441_20220324140542a0d.jpg
IMG_4446_20220324140537251.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました⑤!

落柿舎(2008年1月28日のremakeです)!
落柿舎(らくししゃ)は、嵯峨野(京都府京都市右京区)にある松尾芭蕉の弟子、向井去来の草庵。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。 1691年に松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著したとされる。 現在の庵は俳人井上重厚による再建である。
IMG_4422_2022032306401667f.jpg
IMG_4432_202203230640156e9.jpg
IMG_4424_202203230640183b9.jpg
IMG_4428_20220323064021a3a.jpg
IMG_4427_20220323064019085.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました④!

常寂光寺(2008年1月28日のremakeです)!
IMG_4370_202203220616308ad.jpg
IMG_4374_20220322061631b6f.jpg
IMG_4375_20220322061633248.jpg
IMG_4415_20220322061628d33.jpg
IMG_4397_202203220616346a5.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました③!

嵯峨野の竹林②(2008年1月28日のremakeです)!
IMG_4335_20220321225125d2d.jpg
IMG_4337_2022032122512678a.jpg
IMG_4344_20220321225127472.jpg
IMG_4351_20220321225129682.jpg
IMG_4354_20220321225130bbc.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました②!

嵯峨野の竹林①(2008年1月28日のremakeです)!
IMG_4327_20220318104519c54.jpg
IMG_4335_202203181045208d4.jpg
IMG_4338_20220318104523ffc.jpg
IMG_4337_202203181045211b3.jpg
大河内山荘!
IMG_4357_20220318104524e23.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都に行ってきました①!

12月18~19日、京都に行ってきました.。(2008年1月28日のremakeです)!
18日、天龍寺、竹林、常寂光寺、落柿舎、二尊院、祗王寺、清涼寺。
19日、清水寺、三年坂、二年坂、一年坂、高台寺、ねねの道、円山公園、八坂神社、花見小路、先斗町、錦市場。
紅葉の時期をずらしてゆくと観光客も少なく、ゆっくり京見物が出来ました。
天龍寺!
IMG_4190_2022031715434180c.jpg
IMG_4192_202203171543461f7.jpg
IMG_4211_20220317154347309.jpg
IMG_4194_2022031715434735b.jpg
IMG_4237_20220317154340fbe.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(129)!

リューーデスハイム散策②(2009、5、6のRemake)!
ブレムザー館!
三角の塔がそびえ、赤い柱と筋かいが特徴的な建物は、ブレムザー館。ここは、ヨーロッパで最大の自動演奏楽器の展示を誇っています。ガイドツアーに入ると、オルゴールやからくり楽器による演奏を聴くことができます
IMG_6662.jpg
IMG_6663.jpg
つぐみ横丁
IMG_6664.jpg
IMG_6666.jpg
IMG_6667.jpg
IMG_6669.jpg
IMG_6675.jpg
IMG_6679.jpg
街並み!
IMG_6671.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6677.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(128)!

リューーデスハイム散策①(2009、5、6のRemake)!
リューデスハイム・アム・ライン(Rüdesheim am Rhein)は、ユネスコの世界遺産であるライン渓谷中流上部にあるワイン醸造の町である。ドイツ・ヘッセン州ダルムシュタット行政管区ラインガウ=タウヌス郡(ドイツ語版)にある。公式の名称はリューデスハイム・アム・ライン(Rüdesheim am Rhein)であり、それによってリューデスハイム・アン・デア・ナーエ(Rüdesheim an der Nahe)と区別される(Wikipedia)!「ラインの真珠」と称されるリューデスハイムは、ドイツのライン川沿いで一度は訪れたい町。ノスタルジックな「つぐみ横丁」に加え、ライン川とブドウ畑の絶景、名産の絶品白ワイン・・・小さいながらもたくさんの魅力が詰まったリューデスハイムは、ドイツ旅行のハイライトのひとつになるはずです。
つぐみ横丁!
リューデスハイムの代名詞的存在が、世界的にも有名な路地「つぐみ横丁(Drosseogasse)」。その印象的な名前は、通りに面した建物の屋根の上に設けられた、つぐみ鳥の飾りに由来します。全長わずか150mほどの小さな路地ですが、通りの両側にはワイン酒場が連なり、昼夜問わず賑やか。レストランではライブ演奏が行われることも多く、「世界で一番陽気な小路」と称されるほどです。
IMG_6676.jpg
IMG_6646.jpg
IMG_6655.jpg
IMG_6656.jpg
IMG_6653.jpg
IMG_6660.jpg
IMG_6659.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6647.jpg
IMG_6648_20191208062759e17.jpg
IMG_6652.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(127)!

マインツからライン湖畔小町リューーデスハイムへ(マインツからリューデスハイム、約48km/約35分)!
(2009、5、6のRemake)!
マインツの朝、何かスポーツのイヴェントがあるようです!
IMG_6612.jpg
IMG_6614.jpg
IMG_6615.jpg
IMG_6616.jpg
IMG_6620.jpg
IMG_6622_2019120509145845d.jpg
街並み!
IMG_6623.jpg
一路、リューデスハイムへgo!
IMG_6637.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6638.jpg
ユーデスハイム到着!
ブドウ畑が迎えてくれました!
IMG_6642.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(126)!

マインツの宿泊は、ホテル、ヒルトンホテルです。(2009、5、6のRemake)!
IMG_6502.jpg
IMG_6504.jpg
IMG_6575.jpg
IMG_6589.jpg
IMG_6591.jpg
IMG_6590.jpg
IMG_6593.jpg
IMG_6593a.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6594_20191130143645962.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(124)!

マインツ到着、街並み(2009、5、6のRemake)!
IMG_6560.jpg
IMG_6561.jpg
IMG_6567.jpg
IMG_6594.jpg
IMG_6599.jpg
IMG_6603.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6604.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(123)!

マインツ到着、街並み(2009、5、6のRemake)!
IMG_6552.jpg
IMG_6494.jpg
IMG_6495.jpg
IMG_6496.jpg
IMG_6498.jpg
IMG_6501.jpg
IMG_6506.jpg
IMG_6507.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6548.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(122)!

ハイデルブルクからマインツへ約100km、所要時は、約一時間です(2009、5、6のRemake)!
IMG_6471.jpg
IMG_6476.jpg
IMG_6480.jpg
IMG_6486.jpg
マインツ到着!
IMG_6489.jpg
IMG_6491.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6493_edited-1_20191123151357ca8.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(121)!

ハイデルブルク散策⑪(2009、5、6のRemake)!
騎士の家・・・ホテル&レストランになっている。
IMG_6447.jpg
ハイデルベルク大学!
IMG_6453.jpg
マルクト広場!
IMG_6456.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6457.jpg
聖霊教会!
IMG_6458.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(119)!

ハイデルブルク散策⑨(2009、5、6のRemake)!
アルテ橋から・・・!
上流の方がうるさいなと思ったら、モータボートが何台も、すごい勢いで向かってきていました。Uターンして、消えてゆきました。何だったのか不明です(笑)
IMG_6398a.jpg
IMG_6398b.jpg
IMG_6398c.jpg
IMG_6399.jpg
IMG_6400.jpg
IMG_6401b.jpg
IMG_6402.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6402b.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(118)!

ハイデルブルク散策⑧(2009、5、6のRemake)!
ハイデルベルク城!
ハイデルベルク城(Heidelberger Schloss)は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ハイデルベルク市に遺る城趾である。ドイツで最も有名な城趾の一つであり、ハイデルベルクの象徴的建造物となっている。プファルツ継承戦争で破壊されるまで、この城はプファルツ選帝侯の居城であった。1689年にルイ14世の軍によって破壊され、1693年に一部だけが修復された。この城趾はアルプスの北側で最も重要なルネサンス建築の遺構を含んでいる。この城はケーニヒスシュトゥール(「王の椅子」)という山の北斜面、マイン渓谷の底から約80mの高さに位置し、旧市街の風景を決定づけている(Wikipediaより)
IMG_6402cd.jpg
アルテ橋とハイデルベルク城!
IMG_6402d.jpg
アルテ橋!
アルテ・ブリュッケ (ドイツ語: Alte Brücke) は、ドイツ南西部の都市、ハイデルベルクにある石造の橋。「アルテ・ブリュッケ」は、ドイツ語で「古い橋」を意味する[1]。カール・テオドール橋とも呼ばれる(wikipediaより)
IMG_6403.jpg
IMG_6404.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6410.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

ドイツロマンティック街道と世界遺産めぐり(115)!

ハイデルブルク散策⑤(2009、5、6のRemake)!
教会の周りにはお店があってお土産や雑貨を売ってます。
IMG_6313a.jpg
IMG_6314.jpg
IMG_6315.jpg
IMG_6316.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><a href=IMG_6319.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br><br><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記