fc2ブログ

若狭・丹後・近江路の旅㉖!

経ヶ岬灯台②(2015年7月31日のremakeです)!
右手に日本海が広がっています!
IMG_2107_edited-1_20150918095232db1.jpg
IMG_2110_edited-1.jpg
IMG_2111_edited-1.jpg
IMG_2112_edited-1.jpg
IMG_2113_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



若狭・丹後・近江路の旅㉕!

経ヶ岬灯台①!⇔ここをクリック!
丹後半島の先端、海抜140mの断崖に立つ経ヶ岬灯台は京都百景に選ばれた景勝地。映画「新・喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなりました。明治31年(1898年)12月25日に初点灯。以来今日まで1世紀以上、日本海を行き交う船舶の安全を守り続けてきました。 駐車場横の展望所からは、経ヶ岬灯台は西側にかすかにしか見えません。経ヶ岬灯台へ行くには専用の遊歩道を約400m歩くことになります。片道15分程度かかり、かなり疲れますが、充分行くだけの価値がございますので、迷わず行くことをオススメします。(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_2100_edited-1.jpg
IMG_2101_edited-1_201509171132443b4.jpg
IMG_2102_edited-1.jpg
IMG_2103_edited-1.jpg
IMG_2105_edited-1_2015091711324806e.jpg
ここを超えると、日本海が広がっています!
IMG_2106_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅㉔!

伊根の舟屋⑤(2015年7月31日のremakeです)!
舟屋のすぐ前に、イカダなどが点在しています!
IMG_2047_edited-1.jpg
釣り筏!
IMG_2050_edited-1.jpg
IMG_2101_edited-1.jpg
IMG_2105_edited-1_2022072806415463a.jpg
船着場に帰ってまいりました!
IMG_2107_edited-1_20220728064841575.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅㉓!

伊根の舟屋④(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_2055a_edited-1.jpg
IMG_2056_edited-2.jpg
IMG_2060_edited-2.jpg
IMG_2061_edited-2.jpg
IMG_2062_edited-2.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅㉒!

伊根の舟屋③(2015年7月31日のremakeです)!
丹後半島の東端にある伊根町では、船のガレージを舟屋 と呼んでいます。舟屋は、母屋から道路を挟んで海際に建てられ、1階には船揚場、物置、作業場があり、出漁の準備、漁具の手入れ、魚干物の乾場や農産物の置き場等と幅広く活用されています。2階は生活の場、客室、民宿等に活用されています。
IMG_2025_edited-1.jpg
IMG_2032_edited-1.jpg
IMG_2035_edited-1.jpg
IMG_2041_edited-1.jpg
IMG_2042_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅㉑!

伊根の舟屋②(2015年7月31日のremakeです)!
定置網の引き揚げ作業のようです。獲れる魚は、イワシ類、アジ、ぶり、ノドグロ、マグロなどが獲れるそうです。!
IMG_2016_edited-1.jpg
養殖いけす(ハマチ・真鯛)と、養殖岩ガキのイカダ!
IMG_2019_edited-1.jpg
IMG_2020_edited-1.jpg
行き交う遊覧船!
IMG_2022_edited-1.jpg
IMG_2023_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑳!

伊根の舟屋①(2015年7月31日のremakeです)!
伊根湾を遊覧船でめぐります。230軒あまりの舟屋が立ち並ぶ風景を約25分かけて周遊します。湾を取り囲むようにして建つ舟屋を海上から眺めるのは、陸地からではなかなか味わえない舟屋の風景と趣があります。
遊覧船!
IMG_1990_edited-1.jpg
出港!
IMG_1991_edited-2.jpg
海上からの舟屋!
IMG_1999_edited-1.jpg
海上からの舟屋!
IMG_2001_edited-1.jpg
海上からの舟屋!
IMG_2007_edited-1.jpg
IMG_2009_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑲!

美山かやぶきの里を散策(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_1971_edited-1.jpg
IMG_1970_edited-1.jpg
IMG_1959_edited-1.jpg
お食事処 北村!
IMG_1971a_edited-1.jpg
お食事処 北村に掲載の写真①!
一斉放水・・・重要伝統的建造物群保存地区のかやぶきの里「北」では、平成12年(2000年)5月に美山民俗資料館が不審火で焼失したのをきっかけに、防火用放水銃の点検を目的とした防火講習を毎年5月20日と12月1日に開催しています!
IMG_1972_edited-2.jpg
お食事処 北村に掲載の写真②!
稲刈りの後の稻派手!
IMG_1973_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑱!

美山かやぶきの里を散策⑤(2015年7月31日のremakeです)!
鎌倉神社からのかやぶきの里!
IMG_1950_edited-1.jpg
IMG_1952_edited-1.jpg
IMG_1956_edited-1.jpg
IMG_1957_edited-1.jpg
IMG_1958_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑰!

美山かやぶきの里を散策④(2015年7月31日のremakeです)!
茅葺き屋根の家並みをみながら散策です。癒されます!
IMG_1943_edited-1.jpg
IMG_1946_edited-1.jpg
アジサイが満開です!
IMG_1945_edited-1.jpg
村のはずれにある、鎌倉神社!
IMG_1948_edited-1_20220719054535c32.jpg
IMG_1949_edited-1_20220719055147eae.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑯!

美山かやぶきの里を散策③(2015年7月31日のremakeです)!
美山民俗資料館!
IMG_1934_edited-1.jpg
IMG_1935_edited-1.jpg
IMG_1937_edited-1.jpg
IMG_1938_edited-1.jpg
放水銃!
春と秋には防災訓練として一斉放水が行われ、季節の名物となっています!
IMG_1940_edited-1_20150901150954e14.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑮!

美山かやぶきの里を散策②(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_1923_edited-1_20150830110824e69.jpg
IMG_1924_edited-1_2015083011082686f.jpg
タチアオイが綺麗に咲いていました!
IMG_1925_edited-1_20150830110827173.jpg
IMG_1928_edited-1.jpg
IMG_1929_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑭!

美山かやぶきの里を散策①(2015年7月31日のremakeです)!
あいにくの雨模様でしたが、かやぶきの里をブラブラ、素敵な景観を堪能いたしました。丹波山地の中央部にある38戸ほどの茅葺屋根の集落です。京都府下では珍しくなった茅葺農家ばかりの景観を保ち、丹波山地特有の民家形式の発展の跡をたどることのできる点で価値が高いそうです。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
IMG_1909_edited-1.jpg
IMG_1911a_edited-1.jpg
IMG_1912_edited-1.jpg
IMG_1915_edited-1.jpg
IMG_1916_edited-1.jpg
観光スポットとして 人気の地 です!
IMG_1922_edited-1_2015082715524049c.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑬!

琵琶湖(大津プリンスホテルより)(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_1890_edited-1_201508261613547ab.jpg
IMG_1892_edited-1.jpg
IMG_1892a_edited-1.jpg
IMG_1894_edited-1.jpg
IMG_1902_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑫!

近江八幡 日牟礼八幡宮(2015年7月31日のremakeです)!
古くからこの神社は八幡商人の信仰を集め、左義長、八幡まつりは全国的に有名です。社宝には、ベトナムまでその活躍場を求めた八幡商人の代表格西村太郎右衛門が奉納した「安南渡海船額」をはじめ、重要文化財が多数あります。
IMG_1770_edited-1_201508250932149fc.jpg
IMG_1772_edited-1_20150825093215b21.jpg
IMG_1774_edited-1_20150825093216bd3.jpg
IMG_1775_edited-1_20150825093217021.jpg
IMG_1776_edited-1.jpg
IMG_1779_edited-1_201508250933096ae.jpg
IMG_1784_edited-1.jpg
IMG_1785_edited-1_20150825093307fef.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑪!

近江八幡 重要文化財住宅③(2015年7月31日のremakeです)!
重要文化財 旧西川家住宅!
典型的な近江商家の面影を残すこの家は、店の部分と居宅部分に分かれており、突き出した座敷玄関を持っているのが特徴です。壁を黒く塗り、トガ材を使った京風建築の2階建家屋は、どっしりとした構えで、江戸時代中期頃の建築と推定されています!
IMG_1816_edited-1.jpg
IMG_1822_edited-1.jpg
森五郎兵衛邸!
森家は初代五郎衛は、伴家(現・近江八幡市立資料館)に勤め、別家を許され、煙草や麻布を商いました。やがて、呉服・太物など取扱い商品を増やし、江戸日本橋や大阪本町にも出店するなど活躍しました!
IMG_1825_edited-1.jpg
IMG_1826_edited-1.jpg
うだつ!
うだつとは、隣家との境に造った防火壁であり、これを作る(上げる)には巨額の費用がかかるため、いつしか富や出世の象徴となったそうです。「うだつが上がらない」の言葉は、ここから生まれたようです!
IMG_1826a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑩!

近江八幡 重要文化財住宅②(2015年7月31日のremakeです)!
近江商人本宅の家々が立ち並ぶ新町通りです!
IMG_1810_edited-1.jpg
IMG_1811_edited-1.jpg
IMG_1815_edited-1.jpg
大店の象徴も木「見越しの松」が通りにひときわ目立ちます!
IMG_1815a_edited-1.jpg
郷土資料館!
IMG_1809a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑨!

近江八幡 重要文化財住宅①(2015年7月31日のremakeです)!
白雲館・・・明治10年(1877年)八幡東学校として建築されたこの建物は、国の登録有形文化財建造物です。現在1階は観光案内所になってます。
IMG_1795_edited-1.jpg
IMG_1798_edited-1.jpg
近江兄弟社!
IMG_1800_edited-1.jpg
IMG_1801_edited-1.jpg
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ・・・明治38年に八幡商業高等学校の英語教師として来日、生涯、個人資産を持たず医療、学校教育などの社会貢献活動を続けました。建築家としての才能も持っており、近江八幡YMCA会館を手始めに、ヴォーリズが手がけた建築物は国内外に2千にも及びます。「建築物の品格は、人間の人格の如く、その外観よりもむしろ内容にある」と考えるヴォーリズの洋風建築は、どれも実に機能的に優れたものでした。 さらに、彼は製薬会社(近江兄弟社)を設立。その事業で得た資金をもとに結核療養所(現ヴォーリズ記念病院)や近江兄弟社学園、図書館を開設するほか、出版活動にも取り組みました。昭和16年(1941年)、日本国籍を取得、昭和33年(1958年)近江八幡市名誉市民第一号となったのち、その6年後、84歳で生涯を終えました。  ヴォーリズによる建築物は、現在、近江八幡市内に20軒余りが現存しています。そのほか、代表的なものでは、大丸大阪心斎橋店や東京山の上ホテル、主婦の友社、関西学院大学、神戸女学院大学、東洋英和女学院などがあげられます。
IMG_1804_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑧!

近江八幡、園満寺(2015年7月31日のremakeです)!
市の北側、八幡山(283.8m)の東麓にある臨済宗永源寺派の寺院。南北朝時代に、永源寺の開祖寂室元光(じゃくしつがんこう)が開基したと伝えられています。小じんまりとした境内には、本堂・庫裏・金毘羅堂・観音堂などが立っています。本尊の木造十一面観世音菩薩立像は平安時代の作で国指定の重要文化財です。
IMG_1769_edited-1_201508200907055ce.jpg
IMG_1770_edited-1.jpg
IMG_1771_edited-1_20150820090709758.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑦!

近江八幡、かわらミュージアム(2015年7月31日のremakeです)!
かわらミュージアムは、平成7年に近江八幡市が、地場産業である八幡瓦の普及と先人の技術や知恵を後世に伝え、町づくりの拠点として生かしていくために建設されました。 
IMG_1756_edited-1.jpg
IMG_1757_edited-1_20150818092727bea.jpg
IMG_1758_edited-1.jpg
だるま窯!
IMG_1762_edited-1.jpg
竜王町須恵善通寺本堂の棟を飾っていた鬼瓦!
IMG_1764_edited-1_2015081809273542f.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑥!

八幡堀めぐり⑥(2015年7月31日のremakeです)!
乗船場に戻ってまいりました!
IMG_1745_edited-1_20150816095255455.jpg
IMG_1747_edited-1.jpg
IMG_1765_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅⑤!

八幡堀めぐり⑤(2015年7月31日のremakeです)!
IMG_1717_edited-1.jpg
IMG_1722_edited-1_201508141056551df.jpg
IMG_1725_edited-1.jpg
IMG_1732_edited-1_2015081410565845e.jpg
IMG_1738_edited-1_20150814105659253.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅④!

八幡堀めぐり④(2015年7月31日のremakeです)!
城下町の一大動脈であった八幡堀。
堀に沿って、白壁の土蔵や旧家が立ち並び、華やかだった当時の様子を感じることができます。
IMG_1711_edited-1_201508131303330d2.jpg
IMG_1712_edited-1_201508131303344f7.jpg
IMG_1713_edited-1.jpg
IMG_1714_edited-1_201508131303362b1.jpg
IMG_1715_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅③!

八幡堀めぐり③(2015年7月31日のremakeです)!
行き交う遊覧船!
IMG_1688_edited-1.jpg
IMG_1693_edited-1.jpg
この当たるでUターンです!
IMG_1699_edited-1.jpg
IMG_1702_edited-1_20150808112753099.jpg
明治橋!
IMG_1708_edited-1_20150808112754ccd.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅②!

八幡堀めぐり②(2015年7月31日のremakeです)!
白雲橋!
IMG_1666_edited-1.jpg
IMG_1669_edited-1.jpg
新町浜!
この八幡堀では時代劇のロケが行われることも多いそうで、船の荷揚げ場として用いられているそうです。
IMG_1672_edited-1_20150803151421c3c.jpg
正面は八幡山!
IMG_1674_edited-1_201508031514225ff.jpg
明治橋!
IMG_1682_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

若狭・丹後・近江路の旅①!

若狭・丹後・近江路を旅してきました(2015年7月31日のremakeです)。
近江八幡水郷めぐり!
八幡堀めぐり①・・・その昔、豊臣秀次が築いた八幡堀は琵琶湖と繋がり舟が行き来しました。今は、桜・アジサイ・花菖蒲など植えられ、四季折々の風景が楽しめます。白壁の土蔵が建ち並ぶ八幡堀の心安らぐ情緒あふれる風景を楽しんできました。その昔、交通路や生活の場として役目を果たしていた「八幡堀(はちまんぼり)」。滋賀県にある水路で、今でも安土桃山時代からの風景を残しています。趣のある風景は、時代劇の撮影場所になっていて年間多くの撮影が行われます。乗船場(かわらミュージアム)→日牟禮八幡宮→新町浜→赤煉瓦工場跡」の往復、所要時間、約35分の遊覧を楽しんできました。
IMG_1640_edited-1.jpg
古くは「水戸黄門」や「遠山の金さん」、「必殺仕事人」、佐藤健さん主演の「るろうに剣心」のロケ地として使われた八幡堀。現代に居ながら遥か昔、安土の香りが残る八幡堀はとても人気の観光スポットとなっています!
IMG_1646_edited-1.jpg
IMG_1648_edited-1_20150731171233a52.jpg
水郷ほとりの散策路!
IMG_1647_edited-2.jpg
花菖蒲!
IMG_1656_edited-1_2015073117123451d.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

北鎌倉散策㉗!

円覚寺⑩(2016年6月6日のremakeです)!
帰源院(きげんいん)は、第三十八世傑翁是英(けつおうぜえい)の塔所。本尊は傑翁是英。中興開山は奇文禅才(きもんぜんざい)、中興開基は北条氏康。是英は、大慶寺や浄智寺にも住した。
1894年(明治27年)末から翌年にかけて止宿した作家夏目漱石は、釈宗演に参禅し、その体験は小説『門』に描かれた(参考:円覚寺の山門)。境内には、夏目漱石の句碑「仏性は白き桔梗にこそあらめ」が建てられている。作家島崎藤村もここに出入りし、そのときの様子を『春』に描いた。開祖木像を安置。
IMG_6534_edited-1.jpg
IMG_6536_edited-1.jpg
IMG_6537_edited-1.jpg
IMG_6538_edited-1.jpg
IMG_6539_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記