fc2ブログ

山寺&松島散策(23)!

山寺 下り(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05657_edited-1_201809220947282bd.jpg
DSC05652_edited-1_20180922094726991.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05658_edited-1.jpg
DSC05659_edited-1_20180922094731d13.jpg
DSC05660_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



山寺&松島散策(22)!

山寺 下り(2018年08月28日のremakeです)!!
せみ塚!
DSC05645_edited-1.jpg
DSC05646_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05647_edited-1.jpg
DSC05648_edited-1_20180921064215e20.jpg
DSC05649_edited-1_20180921064217011.jpg
DSC05650_edited-1_2018092106421841e.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(21)!

山寺 下り(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05637_edited-1_20180920055907d3a.jpg
弥陀洞!
DSC05638_edited-1_20180920055909317.jpg
DSC05639_edited-1_2018092005591132e.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05641_edited-1_20180920055911b11.jpg
DSC05643_edited-1_201809200559136e9.jpg
せみ塚!
DSC05644_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策⑳!

山寺 下り(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05625_edited-1.jpg
DSC05626_edited-1_201809192232174d8.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05627_edited-1.jpg
開山堂!
DSC05628_edited-1_20180919223219b29.jpg
仁王門!
DSC05630_edited-1.jpg
DSC05636_edited-1_201809192232122aa.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策⑲!

華蔵院(2018年08月28日のremakeです)!!
華蔵院は、十二支院の一つで、慈覚大師が開山のみぎりこの寺にお住まいになったといわれ、本尊は慈覚大師作の観世音菩薩と伝えれれます。
DSC05616_edited-1_201809180926477ab.jpg
立石寺 三重小塔!
本当にちっちゃい華蔵院の三重塔です。日本で一番小さい「三重の塔」として有名だそうです。内部には三重塔の本尊である大日如来像が安置されています。日本最小規模の三重の塔。国指定重要文化財
DSC05614_edited-1_20180918092645a7b.jpg
覗きこんで見て下さい!
DSC05615_edited-1_2018091809264602d.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05620_edited-1_201809180926490d7.jpg
DSC05622_edited-1_20180918092650a47.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑱!

奥之院と大仏殿(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05607a_edited-1_20180917034530c13.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05608_edited-1.jpg
奥之院 登山口から1000余段!
DSC05610_edited-1_20180917034532776.jpg
奥之院!
開山・自覚大師円仁が中国で修業中に持ち歩いた釈迦如来と多宝如来をご本尊としている。
DSC05611_edited-1_20180917034535723.jpg
大仏殿!
DSC05612_edited-1_20180917034535880.jpg
鐘楼!
DSC05613_edited-1_201809170345283da.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑰!

最上義光公御霊屋(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05603a_edited-1_201809160959292b6.jpg
DSC05604_edited-1_20180916095930c0a.jpg
最上出羽守義光公日牌所!
DSC05607_edited-1.jpg
DSC05606_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑯!

修行の岩場(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05594_edited-1.jpg
江戸時代までは修験の地。修行の岩場は、釈迦ヶ峰といい、危険な岩場を通って、お釈迦様のもとに至る岩場。 出世や欲望のために登り、岩場から転落死したことも多かったと伝えられます。現在では、釈迦ヶ峰に建つ釈迦堂(修行の堂)を含め、修行者以外の登山は、禁じられています。
DSC05600_edited-1.jpg
観明堂!
DSC05602_edited-1_201809150613581ea.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
石段は、まだまだ続きます!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05603_edited-1_2018091506140093e.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑮!

開山堂&五大堂(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05584_edited-1.jpg
開山堂!
立石寺を開いた慈覚大師円仁を祀るお堂 開山堂です。大師の木造の尊像が安置されて居り現在も朝夕、食飯と香を供えているとの事です。
DSC05587_edited-1.jpg
開山30年後に建立された五大明王を祀る道場、五大堂。断崖に突き出すようお堂が立ち山寺を一望。山中随一の絶景です。
向かいの山が自分と同じ高さにあるかのような感覚でまるで空中に浮かんでいるような感覚を味わえます。
DSC05588_edited-1.jpg
DSC05588a_edited-1.jpg
下界を見渡すと門前町が遥か遠く小さく見えます!
DSC05589_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05590_edited-1.jpg
DSC05592_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑭!

急な階段は、きついです(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05573_edited-1.jpg
開山堂!
DSC05574_edited-1.jpg
上からの仁王門!
DSC05575_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05576_edited-1.jpg
性相院!
慈覚大師の作と伝えられる、本尊の阿弥陀如来が安置されています。
DSC05577_edited-1.jpg
DSC05580_edited-1.jpg
DSC05581_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑬!

仁王門(2018年08月28日のremakeです)!!
嘉永元年1848年再建された、けやき材の優美な門で、 左右に安置された仁王尊像は運慶の弟子たちの作と云われる。
DSC05568_edited-1.jpg
DSC05569_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05570_edited-1.jpg
DSC05571_edited-1.jpg
DSC05572_edited-1.jpg
DSC05566_edited-1.jpg
DSC05567_edited-1_20180910130733014.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑫!

弥陀洞(2018年08月28日のremakeです)!!
せみ塚の先、道の右側に直立する岩、弥陀洞(みだほら)です。姿が阿弥陀如来に似ていることから「丈六の阿弥陀如来」(4.6m)と呼ばれています。
DSC05561a_edited-1.jpg
DSC05561b_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05562_edited-1.jpg
DSC05564_edited-1.jpg
DSC05567_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑪!

せみ塚(2018年08月28日のremakeです)!
山門から仁王門への途中に立つ。芭蕉の句をしたためた短冊を納めた記念碑。芭蕉が山寺を訪ねてから62年後山形県村山市の俳人壷中(こちゅう)らが1751年建立したのがこのせみ塚です。
DSC05556_edited-1.jpg
DSC05557_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05558_edited-1.jpg
DSC05559_edited-1.jpg
DSC05560_edited-1.jpg
DSC05561_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑩!

登山道(2018年08月28日のremakeです)!
DSC05551_edited-1.jpg
DSC05552_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05553_edited-1.jpg
DSC05554_edited-1.jpg
DSC05555_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑨!

姥堂(うばどう)(2018年08月28日のremakeです)!!
本尊が奪衣婆の石像です。この場所から下は地獄、上が極楽という浄土口で、新しい着物に着替えて極楽に登り、 古い衣服はお堂の奪衣婆に奉納するためのお堂です。
DSC05545_edited-1.jpg
DSC05546_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05547_edited-1.jpg
DSC05548_edited-1.jpg
DSC05549_edited-1.jpg
DSC05550_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑧!

山寺拝観マップ(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05539a_edited-1.jpg
山門・・・鎌倉時代の作と云われる山門。奥の院までの登山口で、大仏殿のある奥之院までの石段は800段を超える!
DSC05540a_edited-1.jpg
DSC05541_edited-1.jpg
DSC05542_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05543_edited-1.jpg
DSC05544_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑦!

こけし塚(2018年08月28日のremakeです)!
DSC05533_edited-1.jpg
芭蕉像!
「閑さや 巌にしみ入る 蝉の声」を詠んだ俳人 松尾芭蕉像!
DSC05534_edited-1.jpg
弟子の曾良像も立っています!
DSC05535_edited-1.jpg
宝物館!
天養元年如法経所碑1144年(国重文) 木造の薬師如来立像・阿弥如来立像、釈迦如来立像、 伝教大師座像外多数。
DSC05536_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05536a_edited-1.jpg
真っ白い仏 万物供養阿弥陀如来!
DSC05537a_edited-1.jpg
念佛堂 ころり 往生阿弥陀如来!
DSC05537b_edited-1.jpg
DSC05537c_edited-1.jpg
鐘楼!
DSC05539_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑥!

鳥居(2018年08月28日のremakeです)
DSC05526_edited-1_2018090206565703a.jpg
DSC05527_edited-1.jpg
社務所!
DSC05528aa.jpg
出羽国山寺総鎮守!
DSC05530_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05531_edited-1_201809020657020e1.jpg
DSC05532_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅⑤!

登山口(2018年08月28日のremakeです)!
山寺の入口には登山口と書かれています。山寺には「拝観」より「登る」登山の言葉が似つかわしい。。。
DSC05521_edited-1.jpg
べにばな!
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05522_edited-1.jpg
根本中堂!
DSC05523_edited-1.jpg
入母屋造りで銅板葺の内陣には鎌倉時代の一本彫秘仏本尊、薬師如来座像が安置されている。 国指定の重要文化財でブナの建造物としては日本最古を誇る。参拝は自由ですが、建物内は拝観料が必要になります。比叡山延暦寺から移した「不滅の法灯」が今も炎を上げていて、かつて織田信長の焼き討ちで延暦寺を再建した際は、ここ山寺の炎を反対に分けたことで有名になっています。
DSC05524_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05525_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅④!

山寺観光案内版(2018年08月28日のremakeです)!
DSC05513_edited-1_20180831053711e6b.jpg
街並 山寺ホテル!
DSC05514_edited-1.jpg
宝珠橋・・・山形市の山寺地区に架けられた橋の多くは、年間約70万人の観光客が訪れる古刹(こさつ)山寺にちなんだ名前が付けられている。JR山寺駅と門前町を結ぶ、朱色の山寺宝珠橋(長さ44.5メートル、幅9.5メートル)もその一つで、慈覚大師円仁が開いた宝珠山立石寺に由来している。コンクリート橋の親柱に、燃え上がる炎の形をした宝珠の玉が載る。両側に歩道があり、橋の上で立ち止まり山寺の風景を撮影する観光客が多い。橋の北側に対面石と呼ばれる巨岩がある。山寺一帯を縄張りにしていた地主神の磐司磐三郎が、その岩の上で円仁から殺生について諭され、狩猟をやめた伝説が残る。!
DSC05515a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05517_edited-1.jpg
DSC05518_edited-1.jpg
DSC05520_edited-1.jpg
山形県の花 べにばな(紅花)!
DSC05516_edited-1_2018083105371740b.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅③!

山形駅より(2018年08月28日のremakeです)!
DSC05503_edited-1_20180830055445f51.jpg
仙山線 仙台行!
DSC05504_edited-1.jpg
仙山線 仙台行 車内!
DSC05507_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05508_edited-1.jpg
山寺駅着!
DSC05509_edited-1_201808300554514cd.jpg
山寺駅!
DSC05511_edited-1_2018083005545293f.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島の旅①!

山寺&松島に行ってきました(2018,6,28)。東京駅から山形駅へgoです。(2018年08月28日のremakeです)!
東京駅!
DSC05469_edited-1.jpg
DSC05470_edited-1.jpg
山形新幹線 やまびこ!
DSC05472_edited-1.jpg
DSC05473_edited-1.jpg
東北新幹線(仙台行) つばさ と連結!
DSC05479_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05482_edited-1.jpg
DSC05483_edited-1_20180828063424213.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑮!

金福寺③(2010年12月29日のremakeです)!!
本堂!
2011kyouto71
芭蕉庵!
安永5(1776)年に与謝蕪村が再興されました!
2011kyouto72
与謝蕪村の墓 !
芭蕉庵の裏山には俳人、歌人、画家などの墓がたくさんあります。高浜虚子もこう詠んでいます。「ゆく春や 京を一目の 墓どころ」!
2011kyouto73
京都の街並みを眺めることができます!
2011kyouto74
金福寺の入口にある、村山たか女が奉納したとされる弁天堂!
舟橋聖一作歴史小説「花の生涯」や諸田玲子の「奸婦にあらず」のヒロイン村山たか女は文久2年、勤皇の志士によって三条河原でさらし者にされたが、3日後助けられて金福寺に入り尼として明治9年まで14年間すごし、当寺で生涯を終った。
2011kyouto75
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑭!

金福寺②(2010年12月29日のremakeです)!!
左側の本堂に上がることができます。右上に見えるのが芭蕉庵です!
2011kyouto66
本堂!
2011kyouto67
与謝蕪村の肖像画、そのほか、蕪村や蕪村一門の遺品、絵画、短冊などが多くあります!
2011kyouto69
本堂の内部!
2011kyouto68
本堂の縁側で日向ぼっこをする三毛猫。結構、有名な猫のようです!
想いのかけらⅡ
金福寺の「ミーちゃん・
2011kyouto70
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑬!

今福寺①(2010年12月29日のremakeです)!!
864年(貞観6)円仁(慈覚大師)の遺志を継ぎ、安恵僧都が創建。江戸中期に鉄舟和尚が再興し、現在は臨済宗南禅寺派。松尾芭蕉が鉄舟と親交を深めたという芭蕉庵は荒廃したが、のち与謝蕪村が再興。紅葉が美しい。背後の丘に与謝蕪村ら近世の俳人の墓や句碑がある。また、舟橋聖一作歴史小説「花の生涯」や諸田玲子の「奸婦にあらず」のヒロイン村山たか女は文久2年、勤皇の志士によって三条河原でさらし者にされたが、3日後助けられて金福寺に入り尼として明治9年まで14年間すごし、当寺で生涯を終った。法名は清光素省禅と云う。本堂では与謝蕪村と村山たか女の遺品が拝観できる。庭園は皐月の築山と白砂の簡素な枯山水。3段の生垣ごしには素朴な趣の芭蕉庵の萱葺き屋根が見える。3月は紅梅とあせびの花、11月はさざんかと特に紅葉が美しい。芭蕉庵からは洛中が一望できる。
2011kyouto62
2011kyouto61
2011kyouto63
2011kyouto64
2011kyouto65
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑫!

詩仙堂③(2010年12月29日のremakeです)!!
下の庭園!
2011kyouto57
2011kyouto58
2011kyouto59
2011kyouto60
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑪!

詩仙堂②(2010年12月29日のremakeです)!!
書院(詩仙の間)からの庭園!
2011kyouto52
庭園!
2011kyouto53
庭園!
2011kyouto54
三角縁(高欄付三角入隅縁)から見る庭園!
IMG_1090aa.jpg
下の庭から嘯月楼(しょうげつろう)を見る!
IMG_1094a_20230104060126d1d.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑩!

詩仙堂①(2010年12月29日のremakeです)!!
正しくは、六六山(ろくろくざん)詩仙堂丈山(じょうざん)寺と号する曹洞宗の寺院である。  当寺は、江戸時代の文人石川丈山が、寛永18年(1641)隠棲のため建立した山荘で、凹凸か(おうとつか)とも呼ばれている。  丈山は、三河国(愛知県)の人で、徳川家康に仕えていたが、禄を辞して京都に住み、詩作に励むとともに林羅山ら一流の文化人とも交わり、茶道においては奥義を極めた。晩年は当地で悠々自適の生活を行い、寛文12年(1672)89歳で没した。
2011kyouto47
2011kyouto48
a href="http://blog-imgs-45.fc2.com/a/k/i/akifukuiblog/IMG_1065a.jpg" target="_blank">2011kyouto49
2011kyouto50
2011kyouto51
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑨!

八大神社(2010年12月29日のremakeです)!!
八大神社は永仁2年(1294年)からある、京都一乗寺の氏神さまです。古くから「北天王」(北の祇園)と称され、皇居守護神十二社中の一つにもなっています。御祭神は「スサノオノミコト・イナダヒメノミコト・ハチオウジノミコト」で、方除・厄除・縁むすび・学業の神様として厚く信仰されています。また、八大神社本殿西に、宮本武蔵が吉岡一門と決闘した当時の”下り松(さがりまつ)”の古木が保存されています。宮本武蔵像も建立され、平成14年10月27日より公開となりました。
2011kyouto41
参道!
2011kyouto42
本堂!
2011kyouto43
宮本武蔵が吉岡一門と決闘した当時の”下り松(さがりまつ)!
2011kyouto44
宮本武蔵像!
平成十五年(2003年)に八大神社御鎮座七百十年を迎え、また、武蔵の決闘から四百年を迎えることから、記念事業としてブロンズ製の宮本武蔵像が建立されました。小説「宮本武蔵」の中で決闘時の武蔵の年齢が二十一歳であった事から、若かりし武蔵をイメージしデザインされました。
2011kyouto45
現在の一乗寺下り松!
宮本武蔵と吉岡一門の決闘からおよそ四百年。現在の一乗寺下り松(さがりまつ)の地には、四代目の松が生き、歴史を伝える石碑が立っています。武蔵決闘当時の初代下り松は、昭和二十年まで現在の位置にあり、二代目は修学院離宮から移植され、その後、三代目に植え替えられました。 この三代目が、昭和五十六年三月ごろ、流行した松くい虫の被害に遭い、同年五月ごろついに枯死してしまいました。
2011kyouto46
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

京都散策⑧!

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

園光寺③(2010年12月29日のremakeです)!!
庭園(十牛の庭)!
牡牛・牝牛が横になっている庭だそうで、牛に見立てた石が十個配されています。いわれてみれば・・・?
2011kyouto35
2011kyouto36
2011kyouto37
2011kyouto39
襖絵「四季草花図」!
2011kyouto40
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記