fc2ブログ

西伊豆の旅①!

だるま山高原レストランからの眺望(2015年2月5日のremakeです)!
だるま山高原レストランから眺める富士は、手前に駿河湾が広がり、右は箱根連山、左は南アルプスの大パノラマの中に、富士山を眺めることができます。すばらしい景色を眺めることができます。
DSC02065_edited-1.jpg
DSC02068a_edited-1.jpg
DSC02069_edited-1.jpg
DSC02070_edited-1.jpg
DSC02072_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=
スポンサーサイト



山寺&松島散策(50)!

松島散策⑧(2018年08月28日のremakeです)!!
瑞厳寺(国宝)⑦!
洞窟遺跡群!
松島を形成している第三紀凝灰岩層を掘った洞窟は松島のいたるところに見られる。地上の洞窟群は地下の洞窟より先行する事は考えにくく、天台宗徒が掘ったと言われているが、江戸時代以降の供養塔しかない事から江戸期に掘られた洞窟群と考えられる。洞窟内は塔婆・五輪塔・戒名等が無数に刻まれ、供養場として使用されていたことがわかる。墓所ではないので、納骨はなく(例外有り)、供養者には県外(岩手、山形等)の人物も認められる。
DSC05879_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05880_edited-1.jpg
平成の大修理 落成記念絵葉書!
DSC05883_edited-1_201810231636078b0.jpg
落成記念絵葉書 瑞巌寺本堂!
DSC05884_edited-1.jpg
落成記念絵葉書 伊達政宗公!
DSC05885_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(49)!

松島散策⑦(2018年08月28日のremakeです)!!
瑞厳寺(国宝)⑤!
庭園!
DSC05868_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05870_edited-1.jpg
DSC05872_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05873_edited-1.jpg
DSC05874_edited-1.jpg
DSC05875_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(48)!

松島散策⑥(2018年08月28日のremakeです)!
瑞厳寺(国宝)④!
本堂(国宝)!
南東に面し、正面39.0m、奥行き25.2m入母屋造・平屋・本瓦葺。慶長14年(1609)完成。内部は禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を加えた10室間取で、東・南・西三方に上縁・下縁を巡らしております。南西端に御成玄関が付属しております。
DSC05877_edited-1.jpg
庫裡(国宝)!
庫裡は庫裏とも書かれる。禅宗寺院の台所である。正面13.78m、奥行23.64m。単層切妻造本瓦葺で、大屋根の上にさらに入母屋造の煙出をのせる。正面は千鳥破風の曲線が天を衝くようで、その下に豪壮な唐草が彫刻されている。本来実用本位の建物に前述の唐草や花肘木の施されたことに政宗の美意識を窺える。昭和34年6月27日、国宝に指定された。日本三大庫裡の一つ。(京都の妙心寺、妙法院)
DSC05866_edited-1_20181020144955360.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05867_edited-1.jpg
唐戸・欄間(パンフレットより)!
東南西三方に上緑・下緑を巡らす。室内への入り口を画す唐戸や欄間の総透かしの彫刻は、根來の工匠刑部一門の作。
DSC05867a_edited-1.jpg
上段の間(パンフレットより)!
藩主御成の間。黒漆框の豪壮な床の間・火頭窓・違い棚・武者隠(帳台構)備えた書院で飾金具がすばらしい。
DSC05867b_edited-1.jpg
松に孔雀図(復元部分)狩野左京筆(室中孔雀の間)(パンフレットより)!
DSC05867c_edited-1.jpg
羅漢の間!
裏側中央の部屋で、政宗公に殉死した家臣及び陪臣計20名、忠宗公の殉死者16名の位牌がまつられている。部屋を飾る「十六羅漢図」は、佐久間修理の遠孫得楼(徳郎)の制作で、明治初期に描かれたと考えられている。
DSC05867e_edited-1.jpg
中門!
切妻造、柿葺の四脚門。建築物の中で唯一、柿葺で、これは伊達政宗公が命じたと言われている。扁額「瑞巌円福禅寺」は当山100世洞水東初の筆。
DSC05875a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(47)!

松島散策⑤(2018年08月28日のremakeです)!!
瑞厳寺(国宝)③!
青龍殿(宝物殿)!
宝物館は保存修理が完了した本堂障壁画群と、寺伝来の什宝物を保存管理・展示・調査研究する為に新築され、平成7年(1995)秋に再開館した。伊達家関連の絵画・茶器、臨済禅文化が創出した墨跡、寄進された絵画・書、松島に関する資料等を中心に展示する。毎年4月、10月には特別展示室(上段の間、上々段の間)が公開される。
DSC05860_edited-1_20181019095343ba5.jpg
瑞巖寺の瓦と彫刻登龍!
DSC05860a_edited-1.jpg
瑞巖寺の瓦!
DSC05861_edited-1.jpg
DSC05862_edited-1.jpg
彫刻 登龍!
DSC05862a_edited-2.jpg
DSC05863_edited-1.jpg
伊達政宗甲冑倚像(パンフレットより)!
政宗公27歳の雄姿を再現した等身大の木像。公17回忌に夫人陽徳院の登願で製作された。
DSC05864_edited-1.jpg
舎利・水晶舎利容器(パンフレットより)!
源頼朝が生前信仰していた仏舎利を、夫人北条政子が当時高名だった松島の見仏上人に寄進した亡夫の菩薩を弔わせた。
DSC05865_edited-1.jpg
大脇差(パンフレットより)!
明暦元年(1655)に政宗20回忌にあたり、二代忠宗が江戸在住の富田大和の守安定を招いて鍛刀させたもの。拵一式・袋・箱が付属している。
DSC05865a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(46)!

松島散策④(2018年08月28日のremakeです)!!
瑞厳寺(国宝)②!
DSC05854_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05855_edited-1.jpg
拝観受付所!
DSC05856_edited-1.jpg
DSC05857_edited-1.jpg
中門!
切妻造、柿葺の四脚門。建築物の中で唯一、柿葺で、これは伊達政宗公が命じたと言われている。扁額「瑞巌円福禅寺」は当山100世洞水東初の筆。
DSC05858_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(45)!

松島散策③(2018年08月28日のremakeです)!!
瑞厳寺(国宝)①!
日本三景の一つ、松島にあり、山号を含めた詳名は松島青龍山瑞巌円福禅寺(しょうとうせいりゅうざん ずいがんえんぷくぜんじ)。平安時代の創建で、宗派と寺号は天台宗延福寺、臨済宗建長寺派円福寺、現在の臨済宗妙心寺派瑞巌寺と変遷した。古くは松島寺とも通称された。 江戸時代前期の1689年に俳人松尾芭蕉が参詣した[1]ことにちなみ、毎年11月第2日曜日には芭蕉祭が行われる[2]。また、大晦日には火防鎮護祈祷である「火鈴巡行」と一般も撞ける除夜の鐘が有名である。
DSC05845_edited-1.jpg
総門(宮城県文化財指定)!
慶長14年(1609)、伊達政宗によって建立された一間一戸袖塀つきの薬医門。平成16年に修復工事が行われた。掲げられている大額「桑海禅林」は当山105世天嶺性空の筆。
DSC05846_edited-1.jpg
参道!
総門をくぐると杉木立が続いていましたが、津波でほとんどなぎ倒されました、明治維新前には参道の両側に、片側6軒ずつの塔頭(子院)が並んでいました。洞窟群には五輪塔、供養塔や法名などが無数に安置されたり、壁面に彫りつけられています。
DSC05847_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05850_edited-1.jpg
DSC05852_edited-1.jpg
津波到達地点!
参道の中ごろあたりが津波到達地点です。
DSC05853_edited-1_20181016171108cdb.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(44)!

松島散策②(2018年08月28日のremakeです)!!
五大堂(重要文化財)!
慶長9年(1604年)伊達政宗の造営ものといわれ五大明王の像を安置しておる。方三間、素木造りで松島海岸の代表的な建物である。
松島湾からの五大堂!
DSC05830_edited-1_20181015113849652.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05839_edited-1.jpg
五大堂のすかし橋!
五大堂の「すかし橋」。江戸時代中期の頃からすかし構造になっていたと云われており、五大堂の参詣のさいには身も心も乱れの無いように足もとをよく見つめて気を引き締めさせる配慮とされています。
DSC05839a_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05839b_edited-1.jpg
五大堂!
DSC05839d_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(42)!

松島島めぐり⑧(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05836_edited-1.jpg
松島湾からの観欄亭!
この建物は文禄年中に豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟で、江戸品川の藩邸に移築したものを二代藩主忠宗が一木一石変えずこの地に移したものと伝えられています。現在観瀾亭では、抹茶等も提供しています。
DSC05838_edited-1.jpg
松島到着!
DSC05841_edited-1.jpg
芭蕉丸!
DSC05842_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05843_edited-1.jpg
ようこそ松島へ・・・!
DSC05844_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(41)!

松島島めぐり⑦(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05829_edited-1.jpg
DSC05830_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05831_edited-1.jpg
DSC05833_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05835_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(40)!

松島島めぐり⑥(2018年08月28日のremakeです)!!
海上からの塩釜港!
DSC05823_edited-1.jpg
DSC05824_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05825_edited-1.jpg
DSC05826_edited-1.jpg
かぶと島!
見る角度により、戦国武将の武具の「兜」に似ているところから。
DSC05827_edited-1_20181011062314ada.jpg
DSC05828_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(39)!

松島島めぐり⑤(2018年08月28日のremakeです)!!
鐘島!
洞門が4つあり波が洞門に打ち寄せると鐘に似た音が響き渡ることから。また、この穴が昔の小判のように見えるところから金の島とも呼ばれている。
DSC05816_edited-1_20181010043337659.jpg
DSC05817_edited-1_20181010043339828.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05818_edited-1.jpg
DSC05819_edited-1.jpg
DSC05820_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05821_edited-1.jpg
DSC05822_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(38)!

松島島めぐり④(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05808_edited-1.jpg
DSC05809_edited-1_2018100906031753d.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05810_edited-1_20181009060318ad1.jpg
DSC05811_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05812_edited-1_201810090603217de.jpg
DSC05813_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(37)!

松島島めぐり③(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05802_edited-1.jpg
DSC05803_edited-1_201810080650344c6.jpg
DSC05804_edited-1_20181008065035982.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05805_edited-1.jpg
DSC05806_edited-1_20181008065038ae2.jpg
仁王島!
この島は人が横を向いて座っているように見えます。横から見たらまるで「スフィンクス」のよう。
DSC05807_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(36)!

松島島めぐり②(2018年08月28日のremakeです)!!
地蔵島!
ソーラーの灯台があります。
DSC05796_edited-1.jpg
お地蔵様が祀られています。
DSC05797_edited-1_201810070631244fc.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05801_edited-1.jpg
火力発電所!
DSC05800_edited-1_20181007063329b77.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(35)!

松島島めぐり①(2018年08月28日のremakeです)!!
塩釜マリンゲートを出発、松島島めぐりです。「芭蕉コース」(所要時間50分)は、塩釜マリンゲートと松島の桟橋を結んでいます。「松島や ああ松島や 松島や」有名な松島を詠んだ句です。松尾芭蕉の句と思われていることが多いですが、この句は江戸時代後期の狂歌師・田原坊の作。
馬放島!
奥州一宮(いちのみや)の塩竈(しおがま)神社の神馬(しんめ)が、老いたのちに放たれたことから名づけられたという。1958年(昭和33)以降無人島である。
DSC05786_edited-1.jpg
地殻変動の痕跡を思わせる横縞や、波の浸食で開いた穴などが見られます。
DSC05793_edited-1.jpg
DSC05794_edited-1_20181006035958cc3.jpg
DSC05795_edited-1.jpg
行き交う船!
DSC05790_edited-1_20181006035953678.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05791_edited-1_201810060359540d9.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(34)!

塩釜港(2018年08月28日のremakeです)!!
塩竈の港は古くから陸奥国府多賀城のへの荷揚げ港として開かれたといわれ、藩政時代伊達政宗の水運振興策によって港町としての機能を発揮するようになり、四代藩主綱村公の特別保護政策により仙台藩の門戸港として繁栄をみました。明治43年に第2種重要港湾に指定され、大正4年に第1期塩釜港修築工事に着手、昭和8年、東西埠頭、中埠頭、物揚場、臨港鉄道、航路等の近代港湾の整備がなされ、昭和9年には横浜税関塩釜支署が設置され、国際貿易港の指定を受け、今日の塩釜港の基盤が形成されるとともに港勢も発展してきました。平成13年4月、塩釜港(塩釜港区・仙台港区)は重要港湾から特定重要港湾(現国際拠点港湾)に格上げされ、また、「塩釜港」の名称は「仙台塩釜港」に変更となりました。
DSC05773_edited-1.jpg
DSC05774_edited-1_20181004153059432.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05777_edited-1.jpg
DSC05778_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05779_edited-1_201810041531037da.jpg
DSC05780_edited-1_20181004153105833.jpg
DSC05782_edited-1_20181004153107f9b.jpg
DSC05783_edited-1_201810041531083ee.jpg
巡視船「まつしま」!
宮城海上保安部所属の「巡視船まつしま」は、災害発生時の救助活動や被災者支援活動のための設備等が充実しているほか、夜間捜索能力やえい航能力に優れた、災害対応能力を強化した巡視船です。また、二管区で唯一、警備実施等強化巡視船に指定されており、警備実施などの重要警備事案に対処する特別警備隊が配備されています.。
DSC05784_edited-1_201810041531095e6.jpg
塩釜導灯!
塩釜港は細く入り組んだ入り江に位置しており、塩釜導灯は塩釜港に入港する船に安全な航路を示すために設置されています。
DSC05785_edited-1_20181004153056537.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(33)!

松島湾遊覧コース 島めぐり芭蕉コース(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05764_edited-1_20181003143942494.jpg
遊覧船 第三芭蕉丸!
DSC05765_edited-1.jpg
第三芭蕉丸 船内!
DSC05767_edited-1.jpg
塩釜港!
DSC05768_edited-1_20181003143946541.jpg
DSC05769_edited-1_20181003143948a78.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05770_edited-1.jpg
DSC05771_edited-1_2018100314395138b.jpg
DSC05772_edited-1_20181003143940933.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(32)!

マリンゲート塩釜横着(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05751_edited-1_20181002223424c1e.jpg
マリゲート塩釜細部!
DSC05753_edited-1_201810022234250a6.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05757_edited-1_20181002223427b48.jpg
芭蕉像!
DSC05758_edited-1_20181002223427c4f.jpg
DSC05760_edited-1_20181002223429f67.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05761a_edited-1.jpg
DSC05762_edited-1_201810022234221d9.jpg
3.11の地元新聞!
DSC05755_edited-1.jpg
3.11のマリンゲート塩釜!
DSC05754_edited-1_20181002223527610.jpg
3.11のマリンゲート塩釜周辺!
DSC05756_edited-1_20181002223525d16.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(31)!

いよいよ、日本三景の一つ松島の観光です。JR仙台駅から本塩釜駅へgo・・・。本塩釜駅から初島遊覧船乗り場のマリンゲートへgoです。(2018年08月28日のremakeです)!
本塩釜駅到着!
DSC05742_edited-1_201810010707003cb.jpg
DSC05744_edited-1.jpg
街並み!
DSC05746_edited-1.jpg
塩釜港沿いを移動!
DSC05747_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05748_edited-1.jpg
DSC05749_edited-1.jpg
マリンゲート塩釜が見えてきました!
DSC05750_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br></div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(29)!

青葉通り散策②(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05733_edited-1_20180928031859bd8.jpg
DSC05734_edited-1_20180928031900b81.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05735_edited-1_20180928031901de0.jpg
DSC05736_edited-1_20180928031903373.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05737_edited-1.jpg
DSC05738_edited-1.jpg
サンモール一番街!
DSC05739_edited-1_20180928031907920.jpg
DSC05741_edited-1_2018092803185615e.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(28)!

仙台城跡(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05711_edited-1_20180927063619fac.jpg
仙台駅到着!
DSC05714_edited-1_20180927063621924.jpg
青葉通り散策①!
DSC05719_edited-1_2018092706362306d.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05720_edited-1_20180927063624852.jpg
DSC05730_edited-1_201809270636259d5.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05731_edited-1_20180927063627e82.jpg
DSC05732_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(27)!

仙台城跡から見た仙台の町並み(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05695a_edited-1.jpg
DSC05695b_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05704_edited-1.jpg
DSC05705_edited-1_201809261003024b3.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05709_edited-1.jpg
DSC05710_edited-1_20180926224056c9d.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(26)!

観光バスるーぷる仙台での仙台市内観光(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05670_edited-1_20180925062852908.jpg
るーぷる仙台の観光バス車内!
DSC05689_edited-1.jpg
仙台城跡到着!
DSC05691_edited-1_2018092506285586c.jpg
仙台城本丸跡!
DSC05692_edited-1_201809250628582fc.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05693_edited-1_2018092506285800c.jpg
伊達政宗公騎馬像!
DSC05693a_edited-1.jpg
DSC05693b_edited-1.jpg
DSC05693c_edited-1.jpg
DSC05669_edited-1.png
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(25)!

仙台駅(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05717_edited-1_20180924052155110.jpg
<DSC05721_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05722_edited-1.jpg
DSC05723_edited-1.jpg
DSC05724_edited-1.jpg
DSC05715_edited-1_201809240521526da.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

山寺&松島散策(24)!

山寺を散策後は、次なる目的地、仙台へgoです(2018年08月28日のremakeです)!!
DSC05663_edited-1_20180923070702abc.jpg
DSC05670_edited-1.jpg
芭蕉と弟子の像!
DSC05671_edited-1.jpg
DSC05673_edited-1_20180923070708b0b.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a<br><a href=DSC05679_edited-1.jpg
DSC05682_edited-1.jpg
応援ワンクリックお願いします!Please support one-click!
日記@BlogRanking></a</div>

      <!-- 記事追記 -->
            <div class=

プロフィール

Akinami Fukuda

Author:Akinami Fukuda
Hello!!
Welcome to this blog!
Enjoy your time!!

応援ワンクリックお願いします!
Please click support one!

人気ブログランキングへ

性別:男性
都道府県:神奈川県川崎市
自己紹介:
デジタル一眼レフカメラで、きままに風景写真を撮っています。
gender male
Prefecture: Kawasaki City, Kanagawa Prefecture
Self-introduction
I take landscape photos as I like with a digital SLR camera.

当サイト内全ての写真の無断複写・転載・配布等一切を禁止しております。
The copying, reproduction, distribution of all photographs in our site without permission prohibits all.



今日の日付入りカレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:道東からのフォト

■ ブログ名:☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

■ ブログ名:いつか どこかで

■ ブログ名:Various shapes

■ ブログ名:ほのぼのブリュッセル・グリフォン

■ ブログ名:夢の途中*

■ ブログ名:Sara22のブログ

■ ブログ名:光と影の魔法

■ ブログ名:海見えて

■ ブログ名:散歩コースは畦道

■ ブログ名:EPOの写真日記